ブロックの管理

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索

ブロックを管理する

管理者は、「管理」>「サイト管理」>「プラグイン」>「ブロック」>「ブロックの管理」で、サイトのMoodleのブロックを管理できます。

インスタンス

ブロックページには、各ブロックのインスタンスの数が一覧表示されます。数字をクリックすると、そのブロックを含むコースのリストが表示されます。サイト管理者またはフロントページの編集権限を持つユーザーが関心を持つ可能性のある構成設定については、ブロックの設定を参照してください。

バージョン

各ブロックとともにリストされているのは、—2012061700の形式のバージョン番号です。これは、各ブロックの最新バージョンを持っていることを確認するのに役立ちます。

ブロックを隠す

非表示/表示列を使用すると、選択したブロックを非表示にできます。つまり、ブロックはコースの[ブロックを追加]ドロップダウンメニューに表示されず、どのコースでも使用できません。ブロックを非表示にするには、目のアイコンをクリックして、閉じた目に変更します。

コースの[ブロックの追加]ドロップダウンメニューの長さを減らすには、メンティー(メンターの役割を追加した場合を除く)やネットワークサーバー(そうでない場合)など、使用されないブロックを非表示にする必要があります。Moodle Networkingを使用)。

削除からブロックを保護する

この列のブロックに対して南京錠をクリックすると、サイトでブロックが削除されるのを防ぐことができます。管理ブロックナビゲーションブロックは、管理インターフェースからアンインストールできません。ブーストテーマまたはブーストベースのテーマを使用する場合、これらのブロックは使用されないことに注意してください。

ブロック削除

ブロックは、適切なブロックの[アンインストール]リンクを使用して削除できます。通常、標準ブロックをアンインストールする理由はありません(通常は非表示です)。ただし、アップグレードする前に非標準ブロックをアンインストールする必要がある場合があります。

注:ブロックを完全に削除するには、ブロックページでブロックをアンインストールするだけでなく、実際のブロックフォルダーもmoodle/blocksフォルダーから削除/削除する必要があります。そうしないと、Moodleが再インストールします次回サイト管理にアクセスしたとき。


ブロック設定

特定のブロックには追加の設定があり、設定列のリンクからアクセスできます。

ブロック機能

さらに、すべてのブロックにはaddinstance機能(例:block/comments:addinstance)があり、ほとんどのブロックにもmyaddinstance機能(例:block/comments:myaddinstance)特定のロールを持つユーザーがブロックをページまたはダッシュボードにそれぞれ追加できるかどうかを制御します。

投稿されたブロック

標準ダウンロードに含まれるブロックを使用することに加えて、他のMoodlerは、Moodleコミュニティと共有する独自のブロックを開発しました。これらの寄稿されたブロックは、Moodle.org Moodle Pluginsディレクトリからダウンロードできます。ブロックのインストール方法の詳細については、プラグインのインストールを参照してください。

こちらもご覧ください