問題のパーミッション

移動先: 案内, 検索


ロールおよびケイパビリティ問題カテゴリと組み合わせて、問題バンクで問題を作成、編集、表示するパーミッションをユーザに付与します。たとえば、組み合わせにより、学生が特定の小テスト活動で問題を編集できるようにしたり、すべての理科の教師が自分の部門用に作成された問題カテゴリを使用して他の部門のカテゴリを表示したりできないようにすることができます。つまり、問題のカテゴリは コンテクスト問題コンテクストを参照)であり、ロールと連携して、個々の問題を管理する際のユーザのパーミッションを決定します。

また、問題のアクセス許可を使用すると、ユーザは他のユーザにアクセス許可を付与できます。たとえば、コースの教師は、特定のコースの問題カテゴリにある問題を、コースに参加するパーミッションを持たない他の教師と共有することを決定する場合があります。これはすべて、特定のコンテクストでロールに付与されたアクセス許可を使用して行われます。

許可の概念の簡単なレビュー

2.0 Moodle 問題バンクは問題の整理のタスクを単純化しますが、用語は混乱する可能性があります。一般に、一連の問題は、いわゆる問題カテゴリで作成されます。問題カテゴリは、コンピュータのファイルシステムまたはファイルキャビネット内のフォルダのようなものです。ファイルフォルダと同様に、問題カテゴリには他の問題カテゴリまたは一連の問題が含まれる場合があります。パーミッションは問題カテゴリに割り当てられます。ネスト(問題カテゴリを別の問題カテゴリ内に配置する)は、問題カテゴリにある個々の問題を処理する場合に、アクセス許可の階層を作成できます。

デフォルトでは、コースの教師は、教師のロールが割り当てられているコース外のカテゴリに配置された問題に対して何もするパーミッションを持っていません。デフォルトでは、学生は問題バンクを見たり、問題を編集したりすることさえできません。デフォルトのパーミッションは、サイト、コース、または特定の小テスト活動の特定の目標を満たすように変更できます。

管理者向けのテクニカルノート

ロールのパーミッションを変更するパーミッションを持つユーザの場合、問題バンクとその管理および使用に影響するパーミッションを次に示します。

all または mine という単語が含まれています。

    • allはすべての問題を意味し、allケイパビリティがある場合、 mineはテストされません。
    • mine は、自分の問題には対応できるが、他の人が作成した問題には対応できないことを意味します

関連項目

Moodleフォーラムディスカッションの使用: