コンテクスト

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索

コンテクストはロールを割り当てることができるMoodle内のスペースです。例えば、Moodleサイトは1つのコンテクストであり、その中にいくつかの他のコンテクストを含みます。カテゴリはサイトコンテクスト内のコンテクストで、コースおよびサブカテゴリを含み、それぞれコンテクストを持ちます。

コースは、それ自身のコンテクストの中に、活動や問題バンクの問題カテゴリを保持することができますが、これらもコンテクストです。コンテクストは他のコンテクストを含むことができ、ロールはそれぞれのコンテクストに割り当てることができます。

コンテクストには階層があり、特定の空間を定義するのに役立ちます。コースはそのスペースに多くのコンテクストを持つことができます。 これらにはレッスン、課題、フォーラム、小テストのモジュールおよびブロックが含まれます。

一般的に、この階層構造により、下位のコンテクストが上位のコンテクストから情報を受け取ることができます。 つまり、コースAのコンテクストにいる学生は、最初はコースAにある小テストのコンテクストにいる学生とみなされます。また、生物学のコースカテゴリにテーマが設定されている場合、そのテーマは生物学101に引き継がれます。

ロールとコンテクスト

コンテクストはロールパーミッションと組み合わせて、Moodleのどのページでもユーザのケイパビリティを定義します。 典型的なコンテクストは独自の組織構造を持ち、ユーザのロールを "下" のコンテクストに渡すことができますが、"上" のコンテクストには渡すことができません。

各コンテクストはユーザに異なるロールを割り当てることができます

特定のコンテクストに基づいて、ユーザに異なるパーミッションを割り当てることができます。例えば、あるユーザは、コースでは "学生" のロールを与えられているが、ある特定のフォーラムのコンテクストでは "教師" のロールを与えられるかもしれません。または、ユーザはあるコースの教師であり、別のコースの学生になることができます。

多くのMoodleコンテクストではコンテクスト内の特定のロールに例外を与えることができます。これらの例外はそのコンテクストから移行することはできません。つまり、例外は次のコンテクストに適用できますが、そのコンテクストから横方向および上方向には適用できません。

コンテクストの中のコンテクストを示すグラフィック

以下の画像は、いくつかのコンテクストとその関係を示しています。 "システム" またはMoodleサイトは全体のコンテクストです。 ユーザは最初にこのコンテクストで定義されます。

  • システムコンテクストは、その下に2つのコンテクストを持ち、その下に他のコンテクストがあります。
    • フロントページのコンテクストは
      • 活動モジュールコンテクストと
      • ブロックのコンテクストを持っています。
    • コースカテゴリのコンテクストは
      • Aコースのコンテクストが含まれています。 コースコンテクストは
        • 活動モジュールのコンテクストと
        • その中のAブロックコンテクスト

Moodle-contexts-1.8.png

(出典: dev:Roles#Contextより)

階層のもう一つのグラフィック

サイト > カテゴリ > コースのコンテクストは表示されるが、活動は表示されない

関連項目