問題カテゴリ

移動先: 案内, 検索

問題カテゴリには、個々の問題またはその他の問題カテゴリを含めることができます。 問題バンクまたは小テストの作成を使用して見つけることができます。

問題のカテゴリとは何ですか?

フォルダとしての問題カテゴリ

問題カテゴリは、デスクトップコンピュータ上のフォルダとして想像できます。次に、ファイルがファイルシステムに保存されるのと同様の方法で、問題がこれらのカテゴリに保存されます。

各カテゴリには名前を付ける必要があり、カテゴリの簡単な説明を含めることができます。 カテゴリ階層 を作成できます。たとえば、カテゴリごとに親カテゴリを指定したり、カテゴリに親がない場合は 'トップ' を親として指定したりできます。 'トップ' は実際にはカテゴリではありません。これは、上位5つのすべてのカテゴリの親にすぎません。小テストに問題を追加するときに、問題を取得する方法として選択できるようにするために存在します。

ヒント: 問題カテゴリとサブカテゴリを作成することをお勧めします。小テストモジュールの1つの大きなリストにすべての問題を保持するよりも優れています。階層機能を使用すると、カテゴリをサブカテゴリに、サブカテゴリをサブサブカテゴリなどに無期限に分割できます。カテゴリやサブカテゴリなどは、1つのカテゴリから、またはカテゴリまたはそのサブカテゴリのいずれかから選択できるランダムな問題と組み合わせると非常に強力です。

問題の共有

いくつかの異なる コンテクストで問題を共有できます。'システム' コンテクストまたは 'コース' コンテクストでカテゴリを共有すると、カテゴリを公開するのと同様の効果があり、他のユーザがカテゴリを表示したり、特定のユーザから問題カテゴリを非表示にしたりできます。詳細については、問題コンテクストページを参照してください。

デフォルトでは、コース教師はコースレベルより上の問題コンテクストを表示または使用できません。

注: コアシステムシステム は、問題カテゴリのスクリーンショットを説明または表示するときに同じものを指します。システム は、Moodleの2.xリリースで見られる現在の用語です。

カテゴリの設定と管理

  • 問題バンクを開きます。どちらか:
    • '管理' ブロックの 問題リンクをクリックし、'問題' リンクをクリックします。
    • または、小テストの編集ページを開きます。教師または適切なパーミッションを持つユーザとしてログインしたら、小テストを開いて '編集' タブをクリックします。
  • 'カテゴリ' タブをクリックします。
  • 現在のカテゴリのリストの下に、新しいカテゴリを追加するためのフォームが表示されます。
  • 新しいカテゴリが配置される '親' カテゴリを選択します。右の '親' セレクター画像の画像を参照してください。
    問題カテゴリセレクター
    • カテゴリを別のカテゴリに配置すると、そのカテゴリは親のサブカテゴリになります。
    • 'トップ' を選択すると、カテゴリはサブカテゴリではなくトップレベルのカテゴリになります。複数の共有コンテクストが使用可能な場合は、任意のコンテクストの最上位カテゴリとしてカテゴリを配置できます。
    • 利用可能な任意のコンテクスト(問題コンテクストを参照)で、カテゴリを 'トップレベル' カテゴリにすることを選択できることに注意してください。または、同じコンテクストで別のカテゴリのサブカテゴリとしてカテゴリを追加することを選択できます。
  • テキストボックスに新しい問題カテゴリの名前を入力します。
  • カテゴリ情報領域にオプションの意味のある説明を追加します。
  • 'カテゴリを追加する' ボタンをクリックします。新しい問題カテゴリが現在のカテゴリのリストに表示されます。

カテゴリの削除

カテゴリは自由に作成または削除することもできます。ただし、問題を含むカテゴリを削除しようとすると、移動先の別のカテゴリを指定するように求められます。どのコンテクストでも最後のカテゴリを削除または移動することはできません。コンテクストには常に1つのカテゴリが存在する必要があります。

カテゴリの移動

カテゴリを階層に配置して、管理しやすくすることもできます。

カテゴリを移動するためにトップカテゴリを再割り当てします

問題バンク > カテゴリリンクを使用して、親カテゴリを変更します。これにより、順序が変更されます。

矢印アイコンを使用してカテゴリを移動する

  • 上/下矢印アイコンを使用すると、カテゴリ 'ピア' が表示される順序を変更できます。
  • 上/下アイコンは、コンテクスト間で トップレベル カテゴリを移動するためにも使用されます。カテゴリをコンテクストの最初または最後のカテゴリに移動してから、もう一度矢印キーを押すと、次のコンテクストに移動します。
  • 右矢印アイコンを使用すると、カテゴリを移動して、そのすぐ上にリストされているカテゴリの子カテゴリにすることができます。
  • 左矢印アイコンを使用すると、カテゴリを1つ上のカテゴリレベルに移動できます(その親カテゴリのピアになります)。

アイコンが実行するアクションがわからない場合は、これらのアイコンの上にマウスポインタを置くと表示されるツールチップを参照してください。 どのコンテクストでも最後のカテゴリを移動することはできません。すべてのコンテクストには、常に少なくとも1つのカテゴリが残っている必要があります。

関連項目