問題の管理

移動先: 案内, 検索



問題タイプ管理

管理者(またはマネージャーまたはケイパビリティ moodle/question:config)を持つユーザは、 管理 > サイト管理 > プラグイン > 問題タイプ>問題タイプ管理 からサイト全体で利用可能な問題タイプを管理できます。

Manage question types

問題数

これは、Moodleサイト全体におけるそのタイプの問題の数を示しています。数値がゼロ以外の場合、それは問題バンク(コンテキスト)のどこにそれらの問題があるかを示すレポートへのリンクになります。

バージョン

問題タイプに独自のデータベーステーブルがある場合、それらのテーブルのバージョンがここに表示されます。

必要条件

一部の問題タイプは、正しく動作するために他のタイプに依存しています。その場合、必要な問題タイプがここにリストされます。

利用可能?

問題タイプを使用不可にすると、ユーザはそのタイプの新しい問題を作成できなくなります。ただし、そのタイプの既存の問題は引き続き機能するため、既存の問題は引き続き機能し、古い問題の受験を確認できます。

上矢印と下矢印を使用すると、作成する問題のタイプを教師が選択するリスト内の問題タイプの順序を制御できます。

削除

もし

  • 特定の種類の質問はありません。
  • この問題タイプが他の問題タイプで必要とされない場合、および
  • この問題タイプが、問題タイプシステムで必要とされるランダムタイプでも欠落タイプでもない場合、

ならば、アンインストールリンクをクリックして削除できます。

設定

一部の質問タイプには設定オプションがあります。その場合、この列に設定リンクが表示されます。

問題プレビューのデフォルト

管理者は、 管理 > サイト管理 > プラグイン > 問題タイプ > 問題プレビューデフォルト 、ユーザが問題バンクで問題を最初にプレビューするときのデフォルトを設定できます。