リポジトリの管理

移動先: 案内, 検索

リポジトリを有効にする

リポジトリは、「サイト管理 > プラグイン > リポジトリ > リポジトリの管理」で管理者が有効にできます。

リポジトリプラグインは、次の3つのステータスのいずれかに設定される場合があります。

  • 「有効かつ表示可能」とは、ファイルピッカで使用できることを意味します
  • 「有効および非表示」は、ファイルピッカで使用できないことを意味します
  • 「無効」は使用できないことを意味し、コンテンツがサイトに追加されている場合は、次のメッセージが表示されます。
このリポジトリプラグイン、そのオプション、およびそのすべてのインスタンスを削除してもよろしいですか-[ここにリポジトリ名] 「続行してダウンロード」を選択すると、外部コンテンツへのファイル参照がMoodleにダウンロードされます。これには処理に時間がかかる場合があります。

[続行]、[続行してダウンロード]、または[キャンセル]のオプションがあります。

リポジトリが ファイルピッカに表示される順序は、上下の矢印を使用して設定できます。

語彙

リポジトリプラグイン:リポジトリタイプとも呼ばれます。 Box、Flickr、Mahara、Youtubeなどの名前を付けることができます...プラグインを追加すると、ユーザはこのプラグインのインスタンスを作成できます。インスタンスのみがファイルピッカーに表示されます。タイプは、Moodle管理者がワンクリックでタイプのすべてのインスタンスを非アクティブ化/削除できるようにするためにのみ存在します。

リポジトリインスタンス:インスタンスはファイルピッカーに表示され、外部リポジトリへのアクセスポイントです。インスタンスは特定の設定を持つことができます(たとえば、個人アカウントにリンクされています)。

  • 最初のケース:プラグインを追加すると、インスタンスが自動的に作成され、編集できません。 Moodle管理者はインスタンス名を変更できません。ファイルピッカーに表示されるインスタンス名は、プラグイン名とまったく同じです。たとえば、YouTube、ボックス...
  • 2番目のケース:プラグインにより、Moodle管理者は複数のインスタンスを追加できます。インスタンスには、Martinアカウント、Martin's MaharaなどのFlickrパブリックアクセスなどの名前があります...
    この2番目のケースでは、2つの異なる種類のインスタンスを識別することが重要です。
  1. 共通インスタンス:これらの同じ管理ページでMoodle管理者が設定したインスタンスは、どのファイルピッカーでも利用できます。
  2. プライベートインスタンス:教師はコースでのみ使用できるインスタンスを設定でき、ユーザは自分でのみ使用できるインスタンスを設定できます。コースのインスタンスを設定するために、教師はコースページに移動し、個人用のインスタンスを設定するために、ユーザは自分のプロファイルページに移動します。管理者は、管理ページからプライベートインスタンスを追加/編集できません。

一般的なリポジトリ設定

共通リポジトリ設定は、管理者が サイト管理>プラグイン>リポジトリ>共通リポジトリ設定 で設定できます:

キャッシュの有効期限

外部リポジトリを参照するときに、ファイルリストがローカルにキャッシュされる時間を秒単位で指定できます。

タイムアウト設定

リポジトリの使用時にユーザがタイムアウトを報告している場合、管理者はファイルのダウンロードまたは同期のタイムアウトを増やすことができます。

ファイルのタイムアウトを取得

外部ファイルをMoodleにダウンロードする際のタイムアウト秒数。デフォルトは30です。

同期ファイルのタイムアウト

外部ファイルサイズを同期するためのタイムアウト(秒単位)。デフォルトは1です。

同期イメージのタイムアウト

同期中に外部リポジトリからイメージファイルをダウンロードする場合のタイムアウト(秒単位)。デフォルトは3です。

外部リンクを許可する

FlickrやWikimediaなどの一部のリポジトリでは、ユーザはメディアをMoodle(推奨されるソリューション)にコピーするか、代わりにMoodleへのリンクを作成するかを選択できます。

デフォルトは「はい」です。

新しいコースのレガシーコースファイル

このリポジトリは、アップグレードされた1.9コース用に設計されているため、通常、新しいコースでは使用できません。ただし、ここにチェックマークを付けると、新しいコースが作成されたときに表示されますが、特定のバックアップおよび復元機能はそれで機能しません。

詳細については、従来のコースファイルを参照してください。これはもともとMoodle 1.9からアップグレードされていないサイトでは有効にすべきではありません。

デフォルトはNoです。

レガシーコースファイルへの追加を許可する

コースで「レガシーコースファイル」が利用可能な場合、この設定は、ユーザが新しいファイルをコースに追加できるかどうかを制御します。有効にすると、ユーザはファイルやディレクトリを追加したり、削除したりできるようになります。無効にすると、ユーザはファイルとディレクトリを追加できなくなります。

リポジトリ機能

認証済みユーザの役割:

マネージャー、コース作成者、教師、非編集教師の役割: