データベースモジュール

移動先: 案内, 検索

Moodle 1.6


データベースモジュールでは、教師および学生があらゆるトピックに関するレコードエントリのバンクを構築、表示および検索することができます。これらのエントリのフォーマットおよび構造には、イメージ、ファイル、URI、数値およびテキスト等、ほとんど制限がありません。あなたは、Microsoft AccessまたはFilemakerデータベースを構築するための似たような技術に慣れ親しんでいることでしょう。

メモ: Moodleに内蔵されるSQLデータベースである、この活動タイプで混乱しないでください。これは管理者のみが関心をもつ活動タイプです。

データベースモジュールの使い方

  • 最初のタスクは、データベースを追加することです。あなたは、データベース名、ユーザに対するデータベースの説明文の入力およびいくつかのオプションの設定を求められます。
  • 次にあなたが収集したい情報を決定するフィールドを定義します。例えば、有名な絵画のデータベースを作成する場合、イメージをアップロードして絵画を表示するための写真フィールド「painting」、作家名および題名を保存するためのテキストフィールド「artist」および「title」を持つことができます。
  • データベースのエントリ表示方法を変更するため、任意でデータベーステンプレートを編集してください。
  • 後でデータベースフィールドを編集する場合、新しいフィールドの追加を確実にするため、「テンプレートをリセットする」ボタンを使用するか、手動でテンプレートを編集してください。
  • 最終的に教師および学生がデータを入力および (任意に) コメントの追加、他のユーザの投稿を評価することができます。登録されたエントリは、単体および一覧表示、または検索および並び替えることができます。

データベースおよびロール

Moodle 1.7以降、データベースの数多くのオプションがロールシステムに移行されました。例えば、学生 (または他のすべてのロール) のデータ投稿を抑制するには、データベースに関わる特定のインスタンスをオーバーライドする必要があります。しかし、デフォルトで教師はロールをオーバーライドすることができませんので、最初にコースまたはサイトの管理者からオーバーライドしてもらう必要があります。

データベース例

データベースの良い例として、Moodle.orgには、3種類の動作中のデータベースモジュールがあります:

  • Moodle Buzz Moodleに関するニュース記事のタイトル、著者およびウェブリンクを登録したデータベースです。
  • Themes Moodleテーマのスクリーンショット、ダウンロードリンクおよびコメントを登録したデータベースです。
  • Modules and plugins サードパーティにより開発されたモジュールを含む、Moodleのモジュールに関するウェブリンク (ダウンロード、ドキュメント、ディスカッション) および情報 (開発者、モジュールタイプ、必要条件) を登録したデータベースです。

創造的な使い方

データベースを次のように使うことができます:

  • 特定のテーマに関するウェブリンク/書籍/定期刊行物のリファレンスを構築するためのコラボレーションツールとして。
  • 学生が作成した写真/ポスター/ウェブサイト/ポエムに対するピアコメントおよびピアレビューのため。
  • ロゴ/マスコット名/プロジェクトアイディアの最終候補作リストに対するコメントおよび投票を集めるため。
  • 学生のファイル保存場所を提供するため。

関連情報