活動

移動先: 案内, 検索

活動は、Moodleコースの各種機能の一般的な名前です。通常、活動とは、生徒が他の生徒や教師とやり取りすることです。

Moodleの用語では、フォーラムや小テストなどの「活動」は、学生が直接貢献できるものだけを意味し、多くの場合、教師が生徒に提示するファイルやページなどのリソースと対照的です。ただし、「活動」という用語は、便宜上、「活動」と「リソース」の両方をグループとして参照するために使用されることもあります。

標準のMoodleには14種類の活動があり、編集モードを開始して「活動またはリソースを追加する」リンクをクリックすると表示されます。

課題
アップロードされたファイルやオンラインおよびオフラインで作成された課題を、教師が採点してコメントを付けることができます
チャット
参加者がリアルタイムの同期ディスカッションを行えるようにします
投票
教師が質問し、複数の回答の選択肢を指定します
データベース
参加者がレコードエントリのバンクを作成、維持、検索できるようにします
フィードバック
フィードバックを収集するための調査を作成し実施します
フォーラム
参加者が非同期のディスカッションを行えるようにします
用語集
参加者が辞書のような定義のリストを作成および維持できるようにします
レッスン
柔軟な方法でコンテンツを提供します
外部ツール(LTI)
参加者がLTIに準拠した学習リソースや他のWebサイトの活動を操作できるようにします。 (これらは、個々のコースで利用できるようにする前に、サイトの管理者が最初に設定する必要があります。)
小テスト
教師が小テストを設計および設定できます。小テストは自動的に採点され、フィードバックや正解を表示できます
SCORM
SCORMパッケージをコースコンテンツとして含めることができます
調査
生徒からデータを収集して、教師がクラスについて学び、自分の教えを振り返るのを助ける
Wiki
誰でも追加または編集できるWebページのコレクション
ワークショップ
相互評価を行うことができます

Moodle プラグインディレクトリから追加のプラグインをサイトにインストールすることもできます。

こちらもご覧ください

Sali KaceliによるMoodle包括的なチュートリアル

次のチュートリアルでMoodleのほとんどの側面について学ぶことができます。

Moodle 3.8チュートリアル