登録解除

移動先: 案内, 検索

登録解除はどのように管理されていますか?

登録解除は、コースからユーザを削除するプロセスです。これは、次の1つ以上によって制御されます。

  • 登録期間。指定された時間が経過した後に学生を一時停止します。一部のプラグインには、登録の有効期限が切れた後にユーザの登録を解除するオプションが含まれています
  • * 自己登録の場合、コース管理 > ユーザ > 登録方法 > 自己登録 の '次の期間活動していない場合、登録解除する' 設定を設定して、その時間にアクセスしていない学生がコースから自動的に登録解除されるまでの時間を指定できます。
  • 登録プラグインは、たとえば、コースのユーザがLDAPデータベースに存在しない場合、またはフラットファイルがCronによって処理されている場合に、登録の有効期限が切れていると判断する場合があります。

さらに、適切なパーミッションを持つユーザは、コースから自分自身を登録解除できます。

登録期間

手動登録のデフォルトの登録期間は、 管理 > コース管理 > ユーザ > 登録方法 > 手動登録 で設定できます。 管理 > コース管理 > ユーザ > 登録ユーザ でユーザを手動で登録する場合、デフォルト値から修正できます。

自己登録の登録期間は、 管理 > コース管理 > ユーザ > 登録方法 > 自己登録 で設定できます。

バルク登録解除

以前に手動で登録したユーザは、 管理 > コース管理 > ユーザ > 登録方法 を使用して一括登録を解除し、'登録' ユーザアイコンをクリックすることができます。

登録解除と評定履歴

ユーザが登録解除されても、そのユーザの評定履歴は削除されません。ユーザが誤って登録解除された場合は、 管理 > コース管理 > ユーザ > 登録済みユーザ に移動し、ユーザを再登録する前に、登録オプションで 'ユーザを登録する' をクリックして、'可能であればユーザの古い評定を回復する' チェックボックスがオンになっていることを確認することで、評定をリストアできます。

手動以外の方法(自己登録など)で登録したユーザは、 管理 > サイト管理 > 評定 > 一般設定recovergradesdefault の値に応じて評定がリストアされます。さらに、ユーザがコースに再登録すると、小テスト選択した受験の再評定 オプションを使用するなどして、すべての採点済み活動の評定を手動でリストアする必要がある場合があります。

一時停止または未登録?

一時停止されたユーザ は、Moodleのどのコースにもアクセスできなくなりますが、データは保持されるため、後でコースに戻ることができます。これは、たとえば、施設を離れたが、将来の検査にデータが必要になる可能性のある学生の作業を安全に保つために役立つ場合があります。一時停止されたユーザは現在も評定表に表示されますが、教師は評定者レポートの設定でアクティブユーザのみ、またはすべてのユーザ(一時停止されたユーザを含む)を表示するように選択できます。詳しくは評定の設定をご覧ください。

注: 教師は、 ユーザ > 登録済みユーザ > 登録の編集 ステータスを変更することにより、特定のコースからの単一のユーザまたはユーザのグループを一時停止できます。

enrolstatusフィールドを使用して、 サイト管理 > ユーザ > アカウント > ユーザをアップロードする からcsv /テキストファイルを介してコースからユーザを一時停止することもできます。ユーザに対して1を指定すると、ユーザは一時停止されます(空白のままにすると、ユーザーはまだ登録されていることを意味します。)

管理者は、プロファイルを編集して 一時停止されたアカウント ボックスをオンにすることで、ユーザアカウントを一時停止できます。つまり、学生は どの コースにもアクセスできません。

未登録ユーザ は通常、データを保持せず、評定表に表示されません。ただし、#登録解除と評定履歴を参照してください。通常、登録解除は一時停止よりも最終的なものです。

関連項目