ロールの管理

移動先: 案内, 検索


全体的なロール機能の管理は、管理者が 管理>サイト管理>ユーザー>パーミッション>ロールの定義 を使用して行うことができます。カスタムロールを追加したり、既存のロールを変更したりする場所です。 [ロールの管理]タブでは、システム管理者は、任意のロールに関連付けられた350を超えるさまざまな機能のいずれかを編集できます。 「ロールの割り当てを許可する」、「ロールの上書きを許可する」、「ロールの切り替えを許可する」には、特定のロールが他の特定のロールと連携する機能を提供するマトリックスが含まれています。

ロールの管理

[ロールの管理]タブには、サイトでのロールのリストが含まれています。編集列には、ロールを編集、削除、およびコピーするためのアイコン、およびリスト内でそれらを上下に移動するためのアイコンが含まれます(Moodle内でのロールのリスト方法に影響します)。

Allowroletoview.png

ロールを編集するには:

  1. 管理>サイト管理>ユーザー>権限>ロールの定義 に移動します。
  2. 編集するロールの反対側にある編集アイコンをクリックします。たとえば、「学生」。
  3. ロールの編集ページで、各機能に必要な権限を変更します。
  4. ページの一番下までスクロールし、[変更を保存]ボタンをクリックします。

新しいロールの追加と複製のロールの作成については、カスタムロールの作成を参照してください。

ロール名のローカリゼーション

標準のロール名または説明が空の場合、Moodleは現在の言語パックのデフォルトの文字列を使用します。カスタムロールは、多言語構文を使用してカスタマイズできます。

各コースで個別にロール名を上書きすることもできます。

ロールのリセット

ロールをデフォルトの権限にリセットするには:

  1. 管理>サイト管理>ユーザー>権限>ロールの定義 に移動します。
  2. 「学生」など、ロールの名前をクリックします。
  3. 「リセット」ボタンをクリックします。

コースや活動レベル(フォーラムの評価など)で追加の権限が付与されている生徒がいる場合、ロールがデフォルトにリセットされると、生徒はこれを実行できなくなります。教師は戻って、コース/活動レベルでこれらの追加の権限を再度設定する必要があります。

ロールの割り当てを許可する

[ロールの割り当てを許可]タブでは、特定のロールがユーザーに特定のロールを割り当てることができます(または許可されません)。


他の教師を割り当てるための教師の有効化

デフォルトでは、教師は他のユーザーに編集不可の教師、生徒、ゲストのロールのみを割り当てることができます。教師がコース内の他の教師を割り当てられるようにするには、ロールの割り当てを許可できます。

  1. 管理>サイト管理>ユーザー>権限>ロールの定義 をクリックします。
  2. [ロールの割り当てを許可]タブをクリックします。
  3. 教師の行と列が交差するチェックボックスをクリックします。
  4. 「変更を保存」ボタンをクリックします。

ロールの上書きを許可

[ロールの上書きを許可]タブでは、特定のロールがユーザーの特定のロールを上書きできるようにします(または許可しません)。たとえば、教師のロールが生徒のロールを編集していない教師のロールにオーバーライドできるようにする場合があります。

設定は、機能moodle/role:overrideまたはmoodle/role:safeoverrideが許可されているロールにのみ適用されることに注意してください。

ロールの切り替えを許可する

「ロールの切り替えを許可する」タブでは、特定のロールが別の特定のロールに一時的に変更できるようにします(または許可しません)。たとえば、これにより、コースのカスタムロールに割り当てられたユーザーが[設定]> [スイッチロール]リストに「学生」を表示できるようになる場合があります。

注:選択したロールは、切り替えるためにmoodle/role:switchroles機能も持っている必要があります。

ロールに表示を許可する

この設定により、管理者は、既存のロールに応じて、ユーザーが表示、検索、フィルタリングできるロールを決定できます。

ロールの機能