パーミッション

移動先: 案内, 検索


Moodleでは、特定のロールがコンテキストに基づいて他の特定のロール機能を変更できるようにします。たとえば、コースの教師は、すべての学生(学生のロールを持つユーザー)がそのコースのすべてのフォーラムを編集できるようにする場合があります。または、教師は特定のフォーラムのすべての生徒がそのフォーラムを編集できるようにしたい場合があります。

特定の生徒に特定の活動を編集するパーミッションを与える場合は、パーミッションのオーバーライドを参照してください。

コースと活動のパーミッション

コースパーミッション
コースのロールパーミッションは、「コース管理>ユーザー>パーミッション」で変更でき、特定の活動の「活動管理>パーミッション」で変更できます。

機能の反対側の[許可]アイコン(+)をクリックして追加のロールにパーミッションを与えるか、[禁止]アイコン(X)をクリックしてパーミッションを奪います。

フロントページのパーミッション

フロントページのパーミッションは、「フロントページの設定>ユーザー>パーミッション」で変更でき、「活動管理>パーミッション」で特定の活動を変更できます。

ブロックパーミッション

ブロックのロールのアクセス許可を変更するには

  1. コースで編集をオンにする
  2. ブロックのヘッダーのアクションメニューで、[パーミッション]をクリックします。

パーミッションの確認

Check permissions
パーミッションのチェック機能は、現在のコンテキスト内のすべてのロールと、ロールの割り当てに基づいて選択したユーザーの上位のコンテキストおよび機能の両方を表示する方法を提供します。これらの機能は、選択されたユーザーがシステムまたはコース内で関連するタスクを実行できるかどうかを決定します。

教師は、「コース管理>ユーザー>パーミッション>パーミッションの確認」でコースのパーミッションを確認でき、「活動管理>パーミッションの確認」で特定の活動のパーミッションを確認できます。

管理者は、「サイト管理>ユーザー>パーミッション>システムパーミッションの確認」でシステムパーミッションを確認できます。

他のケイパビリティのパーミッションを確認する(マネージャー、教師、編集していない教師のデフォルトのロールで許可)は、ユーザーがパーミッションを確認できるかどうかを制御します。

ケイパビリティ概要レポート

管理者は、「サイト管理>ユーザー>パーミッション>ケイパビリティ概要」でケイパビリティ概要レポートを生成できます。

管理者はこのレポートを使用して、ケイパビリティと1つ以上のロールを選択できます。レポートには、そのケイパビリティに対するロールとそのパーミッションレベルが表示されます。そして、そのケイパビリティがサイト内のロールでオーバーライドされた場合。たとえば、学生のロールのgradereport:user表示機能がシステムレベルで「許可」として設定され、コース1の場合は「禁止」に設定されていることが示される場合があります。

複数のロールを持つ複数の機能を選択し、すべての概要を確認することができます。
Capability overview multi-select

こちらもご覧ください