フィードバックの使用

移動先: 案内, 検索

学生が見るもの

  • フィードバック活動を最初にクリックすると、説明とフィードバックの質問へのリンクが記載されたエントリページが学生に表示されます。

Feedbackstudententry.png

  • リンクをクリックすると、回答したフィードバックの質問に移動し、"あなたの回答を送信する" ボタンをクリックして送信します。

Studentfeedbackquestions.png

  • 回答を送信すると、フィードバック設定でメッセージをパーソナライズできる特定のURLまたは "ありがとう" ページに移動します。

教師が見ているもの

概要

  • フィードバック調査が完了すると、教師は概要タブを介して、これまでに回答した学生の数を確認できます。

Teachertabs.png

質問の編集

質問を編集するタブでは、質問を微調整できます。

テンプレート

  • テンプレートタブでは、この特定の調査の質問を将来使用するためのテンプレートとして保存したり、すでに作成されているテンプレートを使用したりできます。詳細については、フィードバックテンプレートを参照してください。
  • 管理者(またはシステムパーミッションを持つ他のユーザ)は、テンプレートを "公開" として保存して、さまざまなコースで再利用できるようにすることができます。通常の編集教師にはこのケイパビリティはありません。教師がテンプレートを "公開" として保存できるようにする方法については、テンプレート作成者を参照してください
テンプレートとして保存

分析

この画面には、各質問の結果の概要がグラフィカルに表示されます。

Analysis.png

回答を表示

この画面では、教師は必要に応じて個々の回答を表示して削除し、さまざまな形式でテーブルデータをダウンロードできます。

非回答者を表示

回答が匿名に設定されていない限り、"非回答者を表示する" タブもあり、教師またはフィードバック活動管理者は、フィードバックをまだ完了していない一部またはすべてのユーザを選択して、リマインダーメッセージを送信できます。

注: 特定のサイトのメッセージング出力の構成によっては、ユーザがこのメッセージをいつ、どのように受信するかを制御できる場合があります。詳細については、こちらを参照してください。

feeback-non-respondents-25.png

フィードバックを使用する理由

  • ここでのコース評価の明白な使用法とは別に、フィードバック調査には、コース内とフロントページのログインしていないユーザの両方でさまざまな用途があります。それらを "匿名" として設定できるということは、学生が誰に回答を見るかを心配することなく、デリケートな問題を調査できることも意味します。いくつかのアイデア:

ゲスト調査

匿名で、フロントページでは、親などのログインしていないユーザに、ウェブサイトのデザイン、学校の方針、学校給食などについての意見を質問することができます。

ゲストアンケートを設定するには、サイトレベルでいくつかの設定を有効にする必要があります。フィードバックFAQログインしていないユーザーにフィードバックをさせるにはどうしたらいいですか? を参照してください。

サインアップ!

ゲストは、フィードバックモジュールを介してイベント/コースにサインアップするように招待できます。

お問い合わせ

ログインしていないユーザは、フィードバックモジュールのインスタンスを "問い合わせ" フォームとして使用できます。

いじめ対策調査

学生は、場所や種類とともに、いじめの発生を匿名で強調するように求められます。

選択をする

学生は、次の年/学期に勉強したいコースモジュールまたは科目を選択できます。結果をエクスポートして、可用性に合わせて簡単に照合できます。

Moodleの使用!

スタッフは、彼らが使用している/より多くのトレーニングを希望しているMoodleモジュールについて調査することができます

ITスキル監査

スタッフ(または学生)を調査して、ITスキルと弱点を発見し、トレーニングのニーズを浮き彫りにすることができます。

関連項目