フィードバックの作成

移動先: 案内, 検索

新しいフィードバックを設定した後、質問を編集するタブをクリックし、ドロップダウンリストから質問の種類を選択して質問を追加します。質問の詳細を追加し、'質問を保存する' をクリックします。

31feedbackquestions.png

標準オプション

以下は、すべてまたはほとんどの質問タイプに適用されます。

ポジション

この番号は、質問の順序を制御します。位置1はページの上部に最も近い質問であるため、質問を作成または編集するときに、使用可能な位置のドロップダウンから選択できます(他の質問の数によって異なります)。メインの質問の追加画面で上下の矢印をクリックして、質問を並べ替えることもできます。

必須

これらの質問には回答する必要があり、質問がない場合はユーザにプロンプトが表示されます。

利用可能な質問タイプ

Captcha

ある種の自動スパムプログラムではなく、実際の人がフォームに入力していることを確認するためのテスト。画面に表示されている歪んだテキストを書き出すように人に依頼します。あなたがたくさんスパムを受けていることに気づかない限り、あなたは通常これを必要としないでしょう。

この問題タイプを使用するには、Google reCAPTCHAからキーを取得する必要があります。

情報

これにより、フィードバック活動が配置されているコースまたはカテゴリの名前を表示できます。

ラベル

標準のMoodleラベルと同様に、これにより質問の間に簡潔なテキストを追加して、追加の説明を可能にしたり、フィードバックをセクションに分割したりすることができます。

長文回答

このオプションは、長い回答を書き込むことができるテキストボックス(行と列に表示されるサイズを指定)を作成するためのものです。

多肢選択

これを選択すると、次の3つの選択肢があります。

(1)多肢選択の単一回答。これにより、'未選択' から始まり、その後にオプションが表示される一連のラジオボタンが表示されます。選択できるのは1つだけで、質問が '必須' に設定されていない場合は '未選択' が有効な回答です。

(2)多肢選択の複数回答

(3)多肢選択の単一回答(ドロップダウンリスト)。このタイプでは、1つの回答のみを選択できるドロップダウンリストが表示されます。

ドロップダウンリスト(評価済み)

これはドロップダウンリストオプションに似ていますが、各オプションに数値が関連付けられている点が異なります。これは、次のような質問をする場合を意味します。

クラスにいることをどのくらい楽しんでいますか?

  • 大好きです
  • 好きです
  • 普通です
  • 好きではありません
  • 嫌いです

"平均" スコアを(簡単に)取得することはできません。特に、イベントやコースの前後に同じ質問をしている場合はそうです。ドロップダウンリスト(評価済み)オプションが使用されている場合、数値が各オプションに関連付けられ、回答の平均またはその他の測定が可能になります。上記の質問は次のようになります。

クラスにいることをどのくらい楽しんでいますか?

  • [5]大好きです
  • [4]好きです
  • [3]普通です
  • [2]好きではありません
  • [1]嫌いです

これにより、平均(たとえば、"今期は4.5、前期の3.9から増加")を計算できる可能性があります。

数値回答

ここでは、答えとして数字が必要な質問をし、許容範囲を指定します。例: "2本以上のアームが可能であれば、何本のアームが欲しいですか?(0~10を指定してください)" のように、選択肢に0~10の範囲を設定します。質問文の中で許容範囲を指定すると効果的です。

多肢選択(評定)

これは、各オプションに数値が関連付けられていることを除いて、他の多肢選択オプションと同様です。ラジオボタンまたはドロップダウンリストを使用して回答を表示するかを選択できます。

例えば:

クラスにいることをどのくらい楽しんでいますか?
* 大好きです
* 好きです
* 普通です
* 好きではありません
* 嫌いです

"平均" スコアを(簡単に)取得することはできません。特に、イベントやコースの前後に同じ質問をしている場合はそうです。ドロップダウンリスト(評定)オプションが使用されている場合、数値が各オプションに関連付けられ、回答の平均またはその他の測定が可能になります。

上記の質問は次のようになります。

クラスにいることをどのくらい楽しんでいますか?
* [5]大好きです
* [4]好きです
* [3]普通です
* [2]好きではありません
* [1]嫌いです

これにより、平均(たとえば、"今期は4.5、前期の3.9から増加")を計算できる可能性があります。

短文回答

このオプションを使用すると、(選択した)文字数を設定した入力ボックスを使用して、1行の回答を指定できます。また、受け入れる文字の最大数を指定して、回答が長すぎたり、画面上のボックスの長さを超えたりしないようにします。

依存項目と依存値

以前の回答に応じて、ユーザを特定の質問に誘導することができます。たとえば、"車はありますか?" という質問に対して 'はい' と答えた場合です。'いいえ' と答えた場合とは異なる質問に誘導されます。依存する質問を設定するには:

  • 最初の質問を設定し、ラベルフィールドに名前を付けます。

dependence1.png

  • 改ページを追加する
  • (たとえば)ユーザが 'はい' と答えた場合に移動する質問を追加します。
  • 'アイテムに依存する' で、最初の質問のラベルを選択します。
  • '値に依存する' に依存回答を入力します(この例では 'はい' など)。

dependence2.png

  • 他の回答('いいえ' など)についても同じプロセスに従います。

関連項目

フィードバックテンプレート