バルクユーザ処理

移動先: 案内, 検索

「アドミニストレーション>サイト管理>ユーザー>アカウント>一括ユーザーアクション」の一括ユーザーアクション機能を使用すると、管理者はフィルターを作成してユーザーを選択し、次のいずれかのアクションを実行できます。

  • メールベースの自己登録で作成され、まだユーザーが確認していないユーザーアカウントを確認します
  • メッセージを送信します(メッセージングを有効にする必要があります)
  • ユーザーアカウントを削除する
  • ページにユーザーのリストを表示する
  • ユーザーデータをテキスト、ODS、またはExcelファイル形式でダウンロード
  • ユーザーにパスワードの変更を強制する
  • コーホートにユーザーを追加する

ユーザーの一括操作を実行するには

  • それらを知っている場合は、利用可能なリストからユーザーを選択するか、[もっと見る]をクリックしてさらに多くのフィルターオプションを表示します。

新機能
Moodle 3.x!
頻繁に使用されるフィルターは、[サイト管理/ユーザー/アカウント/ユーザー管理]の[デフォルトユーザーフィルター](userfiltersdefault)で選択され、[一括ユーザーアクション]ページに表示され、非表示にならない'もっと見せる'。

  • ユーザーは、フルネーム、姓、名、メールアドレス、市/町、国、確認済み、最初のアクセス、最後のアクセス、最後のログイン、ユーザー名、認証に基づいてフィルタリングできます。 (下のスクリーンショット1)
  • カスタムプロファイルフィールドを設定している場合、これは[プロファイル]ドロップダウンボックスからも利用できます(下のスクリーンショット2)。
  • リストからユーザーを選択します。
  • ドロップダウンメニューからアクションを選択します(下のスクリーンショット3)。
  • 「フィルターを追加」ボタンをクリックします。
  • 左側のボックスで必要なユーザーを選択し、右側のボックスに移動します。
  • 「選択したユーザー」ドロップダウンボックスから、実行するアクションを選択し、「実行」をクリックします。
(1) "詳細を表示"
(2)カスタムプロファイルフィールドによるフィルタリング
(3)バルクユーザーアクションの選択

こちらもご覧ください