コースデータをインポートする

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索

コースの活動とリソースは、教師が編集権限を持っている他のコースからインポートできます。これにより、教師は1つ以上の活動またはリソースを再作成する代わりに再利用できます。

コースデータのインポートは、バックアップと復元のプロセスに似ており、ユーザーデータは含まれません。

活動またはリソースをインポートする方法

  • ブーストテーマで、コースの右上にある歯車/歯車のアイコンをがら インポート をクリック:

CourseImportBoost.png

別のテーマを使用している場合は、アドミニストレーション > コースアドミニストレーション をクリックし、インポート リンクをクリックします。

Importactivities.png

  • インポートするコースを選択し、続ける をクリックします。
  • バックアップ設定 ページが表示されます。次の画面に表示されるアイテムのタイプとして、インポート活動、ブロック、またはフィルタのチェックボックスを使用します。
  • スキーマ設定ステップでインポートに含める要素を選択します。
  • インポートを実行する を確認してクリックするか、キャンセルまたは前のボタンをクリックします。確認ページでは、バックアップ設定の横に緑色のチェックマークと赤色のマークが表示され、確認できるアイテムリストが含まれます。
  • インポートが完了しました。コースに戻るには続けるをクリックしてください。というメッセージ、またはインポートプロセスが実行されなかったことを示すエラーメッセージが表示されます。

例とヒント

  • コースAからコースBに小テストをインポートすると、問題が問題バンクに追加され、新しい小テストで使用できるようになります。
  • ヒント: グループはファイルからバッチとしてインポートすることもできます。
  • ヒント: すべての活動(フォーラム、割り当てなど)をチェックして、HTML形式を使用していることを確認する必要がある場合があります。 HTMLエディタが1.9から2.2に変更されたため、活動の編集は、説明のHTMLバージョンを表示する Moodleオートフォーマット として登場します。MoodleオートフォーマットHTML形式 に変更されると、編集時に新しいHTMLエディタがデフォルトで使用可能になります。

コース機能のインポート

こちらもご覧ください