Moodleのインストール

移動先: 案内, 検索

このページでは、Moodleのインストール方法について説明しています。エキスパートの方やお急ぎの方は、インストールクイックスタートをお試しください。

スタンドアロンマシンでMoodleを試してみたい場合は、Windows(Windows用の完全インストールパッケージを参照)およびOS X(Mac OS X用の完全インストールパッケージを参照)用の 'ワンクリック' インストーラーがあります。またはOS Xにインストールする。これらは本番サーバには適していません。

Moodleを自分で完全にインストールすることを避けたい場合は、https://moodlecloud.com/ を検討してください。

要件

Moodleは主にLinuxでApachePostgreSQL / MySQL / MariaDBPHP(LAMPプラットフォームとも呼ばれる)を使用して開発されています。 [1] のソフトウェア要件が満たされている限り、他のオプションもありますが、通常、これはMoodleの実行方法でもあります。

WindowsサーバにMoodleをインストールする場合、php5.5以降では、Visual Studio2012用のVisualC ++再頒布可能パッケージを以下からインストールする必要があることに注意してください。 Visual C ++(x86またはx64)

Moodleの基本的な要件は次のとおりです。

ハードウェア

  • ディスク容量:Moodleコード用に200MB、さらにコンテンツを保存するために必要な量。 5GBはおそらく現実的な最小値です。
  • プロセッサー:1GHz(min)、2GHzデュアルコア以上を推奨。

※メモリー:512MB(分)、1GB以上を推奨します。大規模な本番サーバでは8GB以上

  • Webの フロントエンド とデータベース用に別々のサーバを検討してください。調整 する方がはるかに簡単です

上記のすべての要件は、特定のハードウェアとソフトウェアの組み合わせ、および使用と負荷のタイプによって異なります。忙しいサイトでは、追加のリソースが必要になる場合があります。詳細なガイダンスは、 パフォーマンスの推奨にあります。 Moodleはハードウェアを増やすことで簡単に拡張できます。

非常に大規模なサイトの場合は、小さなパイロットから始めて、ある程度の経験と洞察を得る方がはるかに優れています。50,000人のユーザにはどのハードウェアが必要ですか?フォーラムでのスタイルの投稿が有用な答えを得る可能性はほとんどありません。

ソフトウェア

ソフトウェア要件については、開発ドキュメントの[2]を参照してください。

サーバをセットアップします

ユースケースに応じて、MoodleサーバはデスクトップPC(テストや評価など)からラックマウント型またはクラスター化ソリューション、クラウドVMまたはその他のホスト型ソリューションまでさまざまです。上記のように、基本的なサーバソフトウェアをインストールする可能性はたくさんあります。いくつかのリンクとポインターは、AMPのインストール IISNginxにあります。

ソフトウェアスタックのさまざまな部分(HTTPデーモン、データベース、PHPなど)を構成する方法を理解するのに時間がかかる場合は、展開の選択に関係なく、非常に役立ちます。標準のサーバ構成がMoodleに最適であると期待しないでください。たとえば、Webサーバとデータベースサーバは、Moodleを最大限に活用するためにほぼ確実に調整が必要になります。

ホスティングプロバイダーを使用している場合は、インストールを試みる前に、すべてのMoodle [3](PHPバージョンなど)がホスティングプラットフォームによって満たされていることを確認してください。提供されるオプションとツールはさまざまであるため、ホスティングプロバイダーのプラットフォーム内での設定の変更(PHPファイルのアップロードの最大値など)に慣れるのに役立ちます。

ファイルをダウンロードして所定の場所にコピーします

重要:Moodleコードを入手できる場所はたくさんありますが(ホスト提供のMoodleインストーラーを含む)、moodle.orgからのみMoodleを入手することを強くお勧めします。問題が発生した場合は、サポートが非常に簡単になります。

2つのオプションがあります。

  • 必要なバージョンを http://moodle.org/download sおよび unzip/unpack からダウンロードしてください...
  • または Gitリポジトリからコードをプルします(開発者に推奨され、アップグレードも非常に簡単になります):
$ git clone -b MOODLE_{{Version3}}_STABLE git://git.moodle.org/moodle.git  

詳細については、管理者用Gitを参照してください。

上記のいずれかにより、多数のファイルとフォルダを含む moodle というディレクトリが作成されます。

通常、フォルダ全体をWebサーバのドキュメントディレクトリに配置できます。この場合、サイトは http://yourwebserver.com/moodle に配置されます。または、コピーすることもできます。 すべてのコンテンツがメインのWebサーバドキュメントディレクトリに直接入力されます。この場合、サイトは単に http://yourwebserver.com になります。 不明な場合は、システムやWebサーバーのドキュメントを参照してください。

ヒント: Moodleをローカルコンピューターにダウンロードしてから、ホストされているWebサイトにアップロードする場合は、可能であれば、圧縮ファイルをアップロードし、リモートエンドで解凍します('ファイルマネージャ' を確認してください)。それができない場合は、FTPの進行状況を注意深く監視して、エラーやファイルの欠落がないか確認してください。
  • Moodleファイルを保護する: ファイルがWebサーバユーザによって書き込み可能でないことが重要です。たとえば、Unix/Linux(rootとして)の場合:
chown -R root /path/to/moodle
chmod -R 0755 /path/to/moodle

(ファイルは管理者/スーパーユーザが所有し、書き込み可能であり、他のすべてのユーザが読み取り可能です)

テスト/開発サイトでは、組み込みのプラグインインストーラーを使用するために、ファイルを書き込み可能にしたいと思う かも しれません。 これはライブサイトでは推奨されません(少なくとも、そうする場合はより安全な設定に戻してください)。

空のデータベースを作成します

次に、インストール用に新しい空のデータベースを作成します。インストールの最終段階で使用するために、次の情報を見つけてメモする必要があります。

  • dbhost -データベースサーバのホスト名。データベースとWebサーバが同じマシンの場合はおそらく localhost、それ以外の場合はデータベースサーバの名前
  • dbname -データベース名。あなたがそれを呼んだものは何でも、例えば moodle
  • dbuser -データベースのユーザ名。あなたが割り当てられているものは何でも、例えば moodleuser -ルート/スーパーユーザアカウントを使用しないでください。必要最小限のパーミッションで適切なアカウントを作成します。
  • dbpass -上記のユーザのパスワード

サイトがホストされている場合は、コントロールパネルの一部としてデータベースのWebベースの管理ページを見つける必要があります(または管理者に問い合わせてください)。他のすべての人または詳細な手順については、選択したデータベースサーバのページを参照してください。

moodledata )データディレクトリを作成します

Moodleには、すべてのファイル(サイトにアップロードされたすべてのファイル、一時データ、キャッシュ、セッションデータなど)を保存するためのディレクトリが必要です。 Webサーバはこのディレクトリに書き込める必要があります。大規模なシステムでは、このディレクトリを割り当てるときに使用する空き容量を検討してください。

Moodleがデータをキャッシュするデフォルトの方法のため、このディレクトリに比較的遅いストレージ(NFSなど)を使用すると、深刻なパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。 パフォーマンスの推奨を注意深く読み、キャッシングに(例)redisまたはmemcachedを使用することを検討してください。

重要: このディレクトリは、Web経由で直接アクセス できない 必要があります。これは深刻なセキュリティホールになります。 Webルート内またはMoodleプログラムファイルディレクトリ内に配置しようとしないでください。 Moodleはインストールされません。それは他の便利な場所に行くことができます。

これは、ディレクトリを作成し、ここに書き込むためのサーバ上の anyone のアクセス許可を設定する例(Unix / Linux)です。これは、共有されていないMoodleサーバにのみ適切です。 Webサーバユーザがこれらのファイルにアクセスできるようにするためのより適切なアクセス許可については、サーバ管理者と話し合ってください。

# mkdir /path/to/moodledata
# chmod 0777 /path/to/moodledata

Webディレクトリでのmoodledataの保護

ホストされているサイトを使用していて、'moodledata' をWebアクセス可能なディレクトリに配置する以外に選択肢がない場合。 'moodledata' ディレクトリに.htaccessファイルを作成することで保護できる場合があります。これはすべてのシステムで機能するわけではありません。ホスト/管理者に問い合わせてください。次の行のみを含む.htaccessというファイルを作成します。

order deny,allow
deny from all

Moodleインストールを開始します

次に、インストーラーを実行してデータベーステーブルを作成し、新しいサイトを構成します。推奨される方法は、コマンドラインインストーラーを使用することです。何らかの理由でこれを実行できない場合(Windowsサーバなど)、Webベースのインストーラーは引き続き使用できます。

コマンドラインインストーラー

システムのWebユーザとしてコマンドラインを実行することをお勧めします。それが何であるかを知る必要があります-システムのドキュメントを参照してください(たとえば、Ubuntu/Debianは 'www-data'、Centosは 'apache' です)

  • コマンドラインの使用例(rootとして-Webユーザの代わりに 'www-data' を使用):
# chown www-data /path/to/moodle
# cd /path/to/moodle/admin/cli
# sudo -u www-data /usr/bin/php install.php
# chown -R root /path/to/moodle

chown は、スクリプトが新しいconfig.phpファイルを書き込むことを可能にします。オプションの詳細については、以下を使用して見つけることができます

# php install.php --help


このページで説明されていない他の設定を求められます-不明な場合は、デフォルトを受け入れるだけです。詳細については、コマンドラインによる管理を参照してください。

Webベースのインストーラー

使いやすさのために、あなたはウェブ経由でMoodleをインストールすることができます。インストールが完了するまでページが公開されないようにWebサーバを構成することをお勧めします。

Webインストーラスクリプトを実行するには、Webブラウザを使用してMoodleのメインURLにアクセスするだけです。

インストールプロセスでは、いくつかのページが表示されます。著作権の確認、作成中のデータベーステーブルの確認、管理者アカウントの詳細の提供、およびサイトの詳細の提供を求められる必要があります。データベースの作成には時間がかかる場合があります。しばらくお待ちください。最終的には、新しいコースを作成するための招待状が表示されたMoodleフロントページが表示されます。

新しいconfig.phpファイルをダウンロードしてMoodleインストールにアップロードするように求められる可能性が非常に高いです-画面の指示に従ってください。

最終構成

Moodle内の設定

Moodleサイト管理画面にはいくつかのオプションがあります('管理' ブロックの 'サイト管理' タブ(クラシックテーマ)またはナビゲーションバーの 'サイト管理' ボタン(ブースト)からアクセスできます)。あなたがおそらくチェックしたいと思うであろうより重要なもの:

  • 管理 > サイト管理 > サーバ > 電子メール > 送信メール構成 :必要に応じてSMTPサーバと認証を設定します(Moodleサイトが電子メールを送信できるようにします)。このページでnorepyメールを設定することもできます。
  • 管理 > サイト管理 > サーバ > サーバ>サポート連絡先 。サポートの連絡先メールアドレスを設定します。
  • 管理 > サイト管理 > サーバ > システムパス :パスをdu、dot、aspellバイナリに設定します。
  • 管理 > サイト管理 >サーバ > HTTP  :ファイアウォールの背後にいる場合は、[Webプロキシ]セクションでプロキシ資格情報を設定する必要がある場合があります。
  • 管理 > サイト管理 > ロケーション > タイムゾーン更新 :これを実行して、タイムゾーン情報が最新であることを確認します。 (詳細ローケーション
[Date] 
; Defines the default timezone used by the date functions 
date.timezone = "YOUR LOCAL TIMEZONE"

残りのタスク

  • Cron設定 :Moodleのバックグラウンドタスク(フォーラムのメールの送信やコースのバックアップの実行など)は、1日の特定の時間に実行するように設定できるスクリプトによって実行されます。これはcronスクリプトとして知られています。 Cronの説明を参照してください。
  • バックアップ設定 :サイトのバックアップおよび自動コースバックアップを参照してください。
  • Moodleサイトを保護する :セキュリティに関する推奨事項をお読みください。
  • 最大アップロードサイズを増やす インストールFAQ最大アップロードファイルサイズを参照してください-変更方法は?
  • メールの動作を確認する :サイト管理 > サーバ > 送信メール構成のテストから、リンクを使用してテストメールを送信します。このステップをスキップしたくはありません。

インストールが完了しました:)

  • 新しいコースを作成する:Webブラウザから(インストールプロセスで設定したのと同じURLを使用して)Moodleにアクセスし、管理者ユーザとしてログインして、新しいコースを作成できるようになりました。 新しいコースの作成を参照してください。

何か問題が発生した場合...

ここにあなたが試すべきいくつかのことがあります...

  • インストールFAQを確認してください
  • ファイルのアクセス許可を注意深く確認してください。あなたのウェブサーバはMoodleプログラムファイルを読み取ることができますか(書き込みはできません)?あなたのウェブサーバはあなたのMoodleデータディレクトリを読み書きできますか?オペレーティングシステムでファイルの所有権とアクセス許可がどのように機能するかを完全に理解していない場合は、それを見つけるのに非常に時間がかかります。
  • データベースのパーミッションを確認してください。構成に対する正しいパーミッションとアクセス許可を使用してデータベースユーザを設定しましたか(特に、Webサーバとデータベースサーバが異なるマシンである場合)?
  • 設定ファイル(config.php)を手動で作成します。 config-dist.php(Moodleプログラムディレクトリのルートにある)をconfig.phpにコピーし、それを編集して、そこでデータベース/サイトオプションを設定します。インストールは適切な場所から続行されます。
  • config.php(前のヒントを参照)を取得したら、それを編集してデバッグをオンにすることができます(セクション8)。これにより、問題の追跡に役立つ追加情報が得られる場合があります。アクセスできる場合は、Webサーバのエラーログを確認してください。
  • php.ini /.htaccessの設定を再確認してください。それらは適切ですか(例:memory_limit)、正しいphp.ini / .htaccessファイルを編集しましたか?(必要に応じて)変更を加えた後にWebサーバを再起動しましたか?
  • インストールスクリプトを開始する前に、コア以外の(オプションの)プラグイン、テーマ、またはその他のコードを含めましたか?その場合は、それを削除して再試行してください(壊れているか互換性がない可能性があります)。
  • インストールの問題フォーラムで問題を説明してください。 お願いします ソフトウェアのバージョンを一覧表示します。何をしたか、何が起こったか、どのようなエラーメッセージが表示されたか(ある場合)を説明します。あなたが試したことを説明してください。'何もない' というものはなく、空白のページでも何かです!

プラットフォーム固有の手順

注: この情報の多くはコミュニティから提供されています。チェックされていない可能性があり、古くなっている可能性があります。上記のインストール手順と併せてお読みください。

関連項目