自動更新の適用

移動先: 案内, 検索

更新の展開を有効にする

この機能を使用するには、利用可能な更新通知を有効にする必要があります。この機能は、プラグインが更新されているフォルダへの書き込みアクセス権がWebサーバにある限り、デフォルトで有効になっています。

更新の展開を無効にする

いくつかの状況(たとえば、 Gitチェックアウトを介して、ローカルで多くの変更が加えられている可能性のある完全に管理されたサーバや、更新の展開のための独自のソリューションがあるサイトなど)では、自動更新の展開を可能にします。 config.phpファイルに次のコードを追加すると、この機能を完全に無効にすることができます。

// Use the following flag to completely disable the installation of plugins
// (new plugins, available updates and missing dependencies) and related
// features (such as cancelling the plugin installation or upgrade) via the
// server administration web interface.
$CFG->disableupdateautodeploy = true;

考えられる問題

インストールボタンがありません

更新の展開機能が有効になっていない場合(またはconfig.phpファイルで無効になっている場合)、更新をインストールするためのボタンは表示されません。この機能を有効にすると、利用可能な更新のリストを表示するページでいくつかの事前チェックが実行され、展開が機能することを確認します。事前チェックに失敗すると、ヘルプポップアップ付きの情報が表示されます。

プラグインファイルは書き込み不可

デプロイ中に、Moodleはフォルダ全体をプラグインコードと新しいバージョンのコードに置き換えます。 Webサーバプロセスには、フォルダとそのすべてのコンテンツへの書き込みアクセス権が必要です。 Webサーバの設定と個人的な好みに応じて、これを実現する方法はいくつかあります。プラグインフォルダの正確な場所は、プラグインのタイプによって異なります。場所の完全なリストについては、 Plugins開発者向けドキュメントのMoodleパスを参照してください。

例:WebサーバがLinuxサーバでユーザ www-data として実行されているApacheであると仮定します。あなたのMoodleは /var/www/vhosts/moodle/htdocs インストールされています。活動モジュールを含むフォルダへの書き込みアクセス権を付与して、それらを更新します。

   # cd /var/www/vhosts/moodle/htdocs
   # chown -R www-data mod
   # chmod -R u+w mod

プラグインのインストールの詳細もご覧ください。

パッケージをダウンロードできません

http://moodle.org/plugins が稼働していることを確認してください。サイトがダウンしている場合、MoodleサイトはそこからZIPパッケージを取得できません。 http://moodle.org/plugins が再び起動するのを待ってから、デプロイメント手順を繰り返してみてください。

SSL証明書の検証にも問題がある可能性があります。詳細については、moodle.orgのSSL証明書を参照してください。

エラーと例外

次のセクションでは、発生する可能性のあるいくつかのエラーとその対処方法について説明します。

パッケージをダウンロードできません(download_file_exception)

mdeploy.logファイルの下部を確認してください。cURLerror で始まり、その後にエラー番号とcURLエラーの説明が続く行が含まれている可能性があります。

cURLエラー7はホストに接続できませんでした
サイトhttp://download.moodle.orgが現在稼働していることを確認してください。ダウンしている場合、サイトはWebサービスを呼び出して利用可能な更新情報を取得できません。 http://download.moodle.orgが再び起動するのを待ってから、再確認してください。
cURLエラー60(SSL証明書の問題)
これは、リモート(moodle.org)サイトのSSL証明書の検証に問題があることを示しています。詳細については、moodle.orgのSSL証明書を参照してください。