H5P

移動先: 案内, 検索
新機能
Moodle 3.x!

H5Pについて

※H5PはHTML5パッケージの略です。教育者は、インタラクティブビデオ、クイズ、プレゼンテーションなどのコンテンツを作成できます。

  • 既存のH5P活動(たとえばh5p.orgまたはh5p.comで作成された)は、URLをリンクするか、ファイルをアップロードすることにより、Moodleに埋め込むことができます。
H5Pの第1段階の実装

H5P質問タイプ

H5P活動から利用可能な質問タイプは、標準のMoodle 問題とは多少異なります。


Moodle and H5P quiz questions.jpg

H5Pコンテンツの追加

方法1

H5PAttoEditor.png
  1. コースの教師として、AttoエディターのH5Pボタンをクリックします(1)
  2. H5Pコンテンツが作成されたサイトからのリンクを埋め込むか、ファイルをアップロードします(2)
  3. [H5Pオプション]をクリックして、生徒に何を表示するかを決定します。 (3)
  4. Insert 'H5P'(4)をクリックします

方法2

Display H5P filterが管理者によって有効にされている場合は、URLをテキストエディターに貼り付けて保存します。

H5PFilterTeacher.png

H5Pコンテンツのダウンロード

  • H5P活動の作成者が許可した場合、対応する.h5pファイルを簡単にダウンロードできます。
  • Moodleコース(またはh5p.orgホームページ)の目的のH5P活動
  • [コンテンツを再利用]ボタンをクリックします

H5P activity Reuse button.jpg

  • 上のウィンドウ(上にスクロールする必要がある場合があります)には、「.h5pファイルとしてダウンロード」への青色のリンクがあります。クリックして

H5P activity download as h5p file.jpg

  • .h5pファイルがコンピューターのどこに保存されているかに注意してください。

管理者設定

H5Pコンテンツタイプの管理

  • 教師がコースで既存のH5Pファイルをアップロードして表示するには、適切なH5Pコンテンツタイプとライブラリがサイトで利用可能である必要があります。
  • スケジュールされたタスク「利用可能なH5Pコンテンツタイプをh5p.orgからダウンロードする」は、これを自動的に行う必要があります(ただし、有効になっていて、サイトを最初にアップグレードした後にすでに実行されているかどうかを確認してください)。
  • このスケジュールされたタスクを使用できない場合は、サイト管理ページの「H5Pコンテンツタイプの管理」で必要なファイルをアップロードできます。
  • スケジュールされたタスクまたは関連ファイルがアップロードされていない場合、H5Pコンテンツをアップロードしようとすると、コースの教師はエラーメッセージを受け取ります。

H5P質問タイプをMoodle質問バンクにインポート

現在(2020年5月)開発中のプラグイン で、H5Pの質問タイプの一部(すべてではない)をMoodle互換の質問タイプにインポートできます。

ケイパビリティ

  • 新しいケイパビリティCapabilities/moodle/h5p:updatelibrariesは、新しいコンテンツタイプライブラリを誰が書き込み/上書きできるかを定義します。
  • 新しいケイパビリティCapabilities/moodle/h5p:deployは、アップロードされたH5Pコンテンツを追加できるユーザーを定義します。