メンテナンスモード

移動先: 案内, 検索

メンテナンス中のアクセス防止

メンテナンスモードは、メンテナンスの実行中に管理者以外のユーザがサイトを使用できないようにするためものですが、 バージョンアップグレード中のユーザアクセスを禁止するようには設計されていません

サイトがメンテナンスモードのときにユーザがコースにアクセスしようとすると、サイトがメンテナンスモードであることを通知するメッセージが表示されます。必要に応じて、カスタマイズされたメンテナンスモードメッセージを作成して、サイトがいつ再び利用可能になるか、またはメンテナンスを行う理由を示すことができます。

注:サイトがメンテナンスモードの場合、サイトのフロントページは通常どおり表示されます。ユーザがコースにアクセスしようとしたときにのみ、メンテナンスモードメッセージが表示されます。

メンテナンスモードの設定

管理者は、メンテナンスモードにサイトを置くことができる管理 > サイト管理 > サーバ > メンテナンスモード

サイトがメンテナンスモードの場合、管理者用の各ページ(フロントページを除く)の右上近くに[メンテナンスモード中]リンクが表示されます。

メンテナンスモードのままセッションが終了した場合は、ログインURLを直接入力して再ログインできます(http://yoursitename/login/)

CLIメンテナンスモード

管理者は、ファイル$CFG->dataroot/climaintenance.htmlを追加して、CLIメンテナンスモードを有効にできます。存在する場合、このファイルは標準のMoodleホームページの代わりにナビゲーターに送信されます。 標準のメンテナンスモードとの違いは、すべてのWebアクセスが禁止され、CLIスクリプトが引き続き機能することです(admin/cli/cron.phpを除く)。このCLIメンテナンスモードは、CLIバージョンのアップグレード中によく使用されます。

admin/cli/maintenance.phpを使用してCLIメンテナンスモードをスケジュールし、サイトが利用できなくなるときに警告するメッセージをユーザに表示することができます。スケジュールされたメンテナンスモードでは、メンテナンスメッセージは、管理設定、テンプレートファイル$CFG->dataroot/climaintenance.html 、言語パックからこの順序で取得されます。詳細については、MDL-37596を参照してください。

Scheduled Maintenance Mode

コマンドラインによる管理のメンテナンスモードのセクションも参照してください。

メンテナンスモード中に管理者以外のユーザがサイトにアクセスできるようにする

管理者以外のユーザは、メンテナンスモードで次のようにサイトにアクセスできます。

  1. ケイパビリティ moodle/site:maintenanceaccessが許可された新しいロールを作成します
  2. 選択したユーザにシステムロールとして割り当てます

停止マネージャー追加プラグイン

これは、計画された停止の学生体験をより良くするMoodleプラグインであり、停止ウィンドウの前後に役立つ管理者とテスターに追加のツールを提供します。

主なアイデアは、停止が非常にブール的なオン/オフの状況である代わりに、このプラグインは段階的な停止の概念を作成し、停止前と停止後の事前定義された時間に、異なるレベルの警告とアクセスを学生とテスターに提供できるようにすることです。彼らは何が起きようとしているのか、そしてその理由を知っています。

Outage manager-スクリプトに埋め込むCLIツールを含む、定期メンテナンスなどの停止期間を管理するプラグインを参照してください。

こちらもご覧ください

フォーラムディスカッション: