スケジュールタスク

移動先: 案内, 検索

管理者は、 管理 > サイト管理 > サーバ > スケジュールタスクから、ルーチンタスクを非常に正確にスケジュールできます。

CRONスクリプト(\admin\cli\cron.phpまたはhttp:\\yoursite\admin\cron.php)を定期的に実行する必要があることに注意してください。 cronは毎分実行することをお勧めします。

スケジュールされたタスク
スケジュールされたタスクの編集

編集アイコンをクリックすると、管理者はタスクを実行する分/時間/日/月または曜日を指定できます。タスクをデフォルト設定にリセットするか、完全に無効にすることもできます。

'次の実行' 列には、プラグインまたはタスクが無効になっているかどうか(およびタスクが次に実行される日付)に関する情報が表示されます。

タスクをスケジュールするためのフォーマット

フィールドに入力するときの形式は、Unix cronの場合と同じです。例は次のとおりで、編集するフィールドに応じて異なります。

* is every minute, hour, day, month 
*/2 is every two minutes, every two hours or every second day 
2-10 is every minute between two and ten past the hour or every hour between 2 and 10 am 
0 is every Sunday 
1 is every Monday or every January 
2,5 is the second and 5th of the month, or February and May, or Tuesday and Friday. 

失敗の遅延

cronタスクをデバッグしようとしている場合、Fail Delayに数値が入力されていることに気付くでしょう。これは、cronがタスクの実行を遅らせる秒単位の時間です。この問題を開発目的で回避するには、スケジュールされたタスクのセクションコマンドラインによる管理#スケジュールタスクをご覧ください。

個々のタスクを実行する

スケジュールされたタスクページの[今すぐ実行]リンクを介して個々のスケジュールされたタスクを実行できるようにするには、サイトの管理 / セキュリティ / サイトのセキュリティ設定で 'スケジュールタスクの「今すぐ実行する」を許可する'(tool_task | enablerunnow)を有効にして、サイト管理 / サーバ / システムパスの 'PHP CLIのパス'(pathtophp)を設定する必要があります。

examplescheduledtasks.png

CLIからタスクを起動する

コマンドラインインターフェースから個別のタスクを起動することもできます( コマンドラインによる管理を参照)。