Moodleの真実

移動先: 案内, 検索

ハイアベイラビリティ - 高可用性

「学習者、管理者、コンテンツ開発者、そしてインストラクタの多様なニーズに同時に応えるため、LMSは十分に堅牢でなければなりません」

使用パターンは、個々の配置の状況に応じて大きく変化します。しかし、一般的にMoodleはウェブベースインターフェースのハイアベイラビリティ ( 高可用性 ) を提供し、学習者、教師および管理者の日常的なログインおよび日々の課題や仕事の遂行を実現します。他の関連情報は、「スケーラビリティ - 拡張性」セクションをご覧ください。

スケーラビリティ - 拡張性

「インストラクションのボリュームおよび学生数の両方に対して、インフラストラクチャは拡張または将来の成長に応じて変更可能でなければならない」

Moodleは、多種多様のウェブサーバ/データベースで動作します。他のサーバベースのソフトウェアシステムと同じように、システムが高いスループットに立ち向かうことを保証するために、ハードウェア、オペレーティングシステム、そしてデータベースの選定を注意深く洗練させることは難しいことです。現時点で最大のMoodleサイト ( Open Polytechnic of New Zealand ) は、45,000以上の学生および6,500以上のコースが登録されています。他の大規模インストールサイトに関するページもご覧ください。

Moodleコミュニティのコンセンサスは、LinuxベースのウェブサーバにApache + PHP + PHPアクセラレータが一般に最良の選択だということです。そして、ウェブサーバとデータベースは別々のマシンに設置した方が良いでしょう。

例えば、必要に応じて1つ以上のウェブサーバを使用することで、Moodleをロードバランスすることも可能です。別々のウェブサーバは、同じデータベースに問い合わせし、同じファイル保存エリアを参照すべきですが、そうでなければアプリケーション層の分離で、この種のクラスタリングを実現するには十分です。同様に、データベースを複数のサーバでクラスタ化 ( 例 MySQLクラスタ ) することも可能です。

これらすべてのことは、稼動環境のテクノロジーに適応させることで、Moodleアーキテクチャが将来の要求に簡単に順応できることを意味します。また、長期間停止することなしに、サービスを改善するためのライブセッティングさえも可能です。

ユーザビリティ - 有用性

「自己ペースおよびロールが特定された学習のような、自動化および個別化されたサービスのホストをサポートするには、ウェブサーフィンやAmazon.comでのショッピングのように、教材のアクセス、配布、提示が簡単に利用でき、高度に直感的でなければならない」

恐らく、Moodleのユーザビリティに関する最良の表現は「シンプル&パワフル」です。

Moodleユーザビリティに関する議論があります。

インターフェースガイドラインでは、高度に使用可能なシステムの開発に向けた支援を目標としています。そして、開発に関する全体的な合意は、Moodleがこの領域で他のシステムに勝ることです。

インターオペラビリティ - 相互接続性

「異なるソースのコンテンツおよび複数のベンダーのハードウェア/ソフトウェアソリューションをサポートするには、LMSがウェブ配置に関するオープン工業規格 ( open industry standard ) を使用してデータを交換すべきである」

  • 認証 Moodleは最も幅広く使用されている標準的な認証プロトコルのLDAP認証をサポートします。直接データベースを参照 (例 外部のOracleデータベース) することによる認証もサポートしています。またはShibbolethプロトコル、代替的にIMAP、NNTP、CAS、FirstClassを使用した認証もサポートします。
  • ユーザ登録 Moodleは、LDAPサーバ (例 アクティブディレクトリ) および (ダウンロード可能なプラグインで) IMSエンタープライズスタンダードをサポートします。
  • コンテンツ Moodleは、様々な種類のコンテンツをサポートします。
    • Moodleは、SCORMや IMSコンテンツパッケージングスタンダード等の再利用可能な学習オブジェクトパッケージのインポートおよびエクスポートをサポートします。
    • 小テストの問題を国際標準のIMS QTI 2フォーマットにエクスポートすることができます。
    • RSSニュースフィードをMoodleサイトまたはコースに統合することができます。
    • フォーラムディスカッションは、RSSニュースフィードよりアクセスすることができます。そのため、他のRSSが利用可能なウェブサイトまたはシステムと統合することができます。

Moodleでは、インポートおよびエクスポートに関して標準でXMLを使用します。他のシステムとデータを交換する「ウェブサービス」メソッド (例 SOAPまたはXML-RPC経由) は、まだ実装されていません - 開発中です。

スタビリティ - 安定性

LMSインストラクチャは、24時間無休の大規模な活動の実施において、確実に効果的に管理されなければならない。

これは上記で述べられた「アベイラビリティ」および「スケーラビリティ」と同じ論点です。

セキュリティ - 安全性

外部に公開した他のコラボラティブソリューションと同じように、LMSはその多様性のあるユーザコミュニティのため、内部と外部の両方に関して、オンラインコンテンツ、リソースおよびバックエンド機能に対するアクセスを選択的に制限およびコントロールできるべきです。

Moodleの現在のロールシステムには、管理者、教師、編集権限のない教師 (しばしばTAと呼ばれます)、学生およびゲストがあります。それぞれには明確に定義された権限があり、それらの権限を越えて動くことはできません。

組織の基本的単位は「コース」と呼ばれています。管理者は該当するコース数に制限なく教師 (編集権限のあるなしには関わらず) を割り当てることができます。コースには、ディスカッションフォーラムおよび他の活動と同様に独自のファイルエリアがあります。教師は、学生に対してどのコンテンツを表示・非表示にするか決定することができます。

Moodleでは、その目的のためにセキュア (secure 安全) にデザインされ、検査されています。http://security.moodle.org にてセキュリティ問題およびアナウンスメントが公開されています。

関連情報