フォーラムモジュール

移動先: 案内, 検索

フォーラムを使用して、オンライン環境下でコミュニケーションおよびコミュニティを構築することができます。あなたは教育環境において、フォーラムを多くの想像力に富んだ目的に利用することができます。教師用フォーラムと学生用フォーラムには明確に異なる2つの目的があります。

フォーラムで教えそして学ぶ

あなたがディスカッションフォーラムをeラーニング環境下の活動として使用する場合、活動を成功裏に進めるには、ある意味あなたの時間が必要であることを知るべきです。あなたのゴールが「ディスカッションを促進すること」である場合、フォーラムは以下においてのみ上手く機能します。

a) 参加者は、参加することに対して「必要性/理由」を感じ、経験から何かを得ようとします。フォーラムの目的を明確に伝えるため、学習、サポート等のインセンティブは早い段階で調査および促進されるべきです。参加に対する評価および評定を考える場合、フォーラム内におけるディスカッションの「量」および「質」に違いがあることを十分慎重に考慮してください。

b) コミュニティ感および目的は参加者間で助長することができます。このコミュニティ感は、活動の意図により、チューターおよび教師のイニシアティブおよび足場を通して、または最初に学生および参加者自身で助長されます。

参加および足場

eラーニングの大きな利点の一つとして、参加者に提供するその柔軟性があります。しかし、適切な理由がある以外、数日または数週間フォーラム内で返信およびディスカッションなしで良いということではありません。恐らく学生およびチューターがお互いに面識がなく、ウェルカムメッセージや激励が必要なコースまたはブログラムの初期段階において、このことは特に当てはまります。eラーニングおよびディスカッションは、チューターおよび教師が中心ではない「学び」を支えることができますが、オンラインコミュニティの初期段階で、あなたの役割は重要なものとなります。これらの導入時の初期段階において、「学生のグループ」は、コース教材に関する理解を増進する、および知識構成プロセスに関して個々に貢献する「コミュニティの参加者」となり得ます。

ディスカッションが進み、学習者がフォーラムの構造および感じに慣れた場合、あなたはフォーラムへの投稿を減らすことができます。これにより、チューターおよび教師に依存しないコミュニティを助長することができます。しかし、中心的な人物よりむしろ多くの投稿者の一人となることを選択したとしても、あなたはディスカッションでの存在感を示したいことでしょう。

コミットメントおよび参加

以下のことを自問してください:

  1. あなたがフォーラムに関わりたいと願うか、学生にフォーラムの空間をリードおよび所有してもらいたいと願うか。
  2. あなたはフォーラムが対面の環境の価値を高めたいと思っている。または、劇場、クラスルーム、セミナールーム等の外にあるフォーラム内に、独自の権利を持った生活を持たせたいと思っている。
  3. あなたは次の状況において、ディスカッションに対して適切な投稿を行う準備があります:
    1. 学生が静かな場合、ディスカッションに働きかけます。
    2. 学生が迷った場合、アイディアを形作れるよう手助けします。
    3. あなたにはディスカッションおよびコースを進行させるためのロールが割り当てられます。
    4. あなたは積極的に、しかし徐々にディスカッションのコントロールを放棄します。
    5. あなたは学習者に対してディスカッションのコントロールを共有するよう励まし、サポートすることができます (例えば、学習者および学習者グループにディスカッションスレッド/トピックの投稿を要約するよう求めたり、学習者にディスカッショントピックを開始するよう求めることができます)。

学生中心のフォーラム

Facebook、Bebo、MySpace 等のソーシャルネットワーキングソフトウェアの人気の高まりにより、学生は学校を離れて、技術的に洗練され、新しいコミュニケーションを期待できる高等教育および継続教育へと移りつつあります。そして、教育機関として、反省的思考および生涯学習は教育における重要なゴールであると認識されています。また、学生中心の学習および学生中心のオンラインスペースの構築は、教育環境に関する信頼を得ることができます。学習教材および心理的サポートのため、効果的な学習には社会的および学究的ネットワークが必要であると私たちは知っています。そのようなものとして、オンラインコミュニティでは、総体的な知識の構築を提供およびメカニズムをサポートし、感情の活動が効果的であると認識されています。

しばしば「バーチャルカフェ」または「休憩室」と呼ばれるソーシャルフォーラムは、学生の必要性に応じてコースまたはプログラムに設置することができます。このようなスペースは、社会活動や教育に関する考えを含む、トピックの制限がなく、共に集い議論する共有領域を学生に提供します。これらは支援的なスペースであり、自分が属している学習グループ以外の学生とコミュニケーションを取ることができない、規模の大きな1年生および2年生のコースに最も適しています。教育機関または個々の学部への所属意識を持つ中、コース内に設置されたソーシャルフォーラムでの経験および便利さが、学生に素晴らしいコミュニティ感覚を経験させるどうかは議論の余地があります。しかし、このことは間違いなく想起力と密接に関係します。

最初の学期、これらのスペースは一般的に極めて活性に富んでいます。あなたが属している機関により、通常それらのスペースは、Moodle にも適用されるコンピュータスペースの「ルール」および「ネチケット」を理解している学生により自己監視されます。

ニュースフォーラム

Moodle のコースでは自動的にニュースフォーラムが生成され、コースの参加者がメール購読登録されます。ニュースフォーラム名は「重要なお知らせ」等の適切な名称に変更することができます。試験日時のアナウンス、試験、講義、セミナー日時の変更、学期中のコース学習に関する重要なお知らせ、イベントに関する重要なお知らせ等、Moodle コース内に設置されるこのフォーラムは様々な用途に利用できる有用な機能です。

教師/チューターフォーラム

Moodle 1.7 以前のバージョンでは、コース内に教師専用フォーラムが作成されます。コース管理ブロックのリンクをクリックすることで教師専用フォーラムにアクセスすることができます。

隠しフォーラムを作成することで、コース内に教師/チューターフォーラムを設置することができます。教師はコース内の「隠し活動」を閲覧することができるのに対して、学生には表示されません。

どのようにすれば私の目的に適したフォーラムを見つけることができますか?

Moodle には以下4種類のフォーラムがあります:

  1. トピック1件のシンプルなディスカッション
  2. 一般利用のための標準フォーラム
  3. 各人が1件のディスカッションを投稿
  4. Q&A フォーラム

上記のどのフォーラムがあなたのニーズに一番合致するのでしょうか? この質問に答えるには、このようなディスカッションを対面の環境でどのようにあなたがリードするか考えると良いでしょう。クラスに質問を投げかけて、答えを待つために座って観察したいですか? または、最初に小さなグループに分けて、メイングループに戻ってくる前にパートナーと議論するよう求めますか? もしかして、質問の特定の側面に集中して、トピックからさまよい出ることのないようにしたいですか? 前述のすべてのアプローチは、あなたの学習成果に応じて有効であり有用です。そして、あなたはこれらすべてを Modole フォーラム上で複製することができます。

あなたがモニターおよび指導を目的とする大規模ディスカッションのため、または学生をリードするソーシャルフォーラムとして、恐らく「一般利用のための標準フォーラム」は最も有用なフォーラムです。これは、あなたがそれぞれのトピックの投稿に対して返信する必要があることを意味しませんが、ディスカッションの収拾が付かなくなることを防ぐため、様々なスレッドを閲覧して状況を把握する時間を費やす準備は必要です。特定のトピックに対して総体的な意見を与えることは、ディスカッションに関するあなたの責任の重要側面となり得ます。1週間に1度またはスレッドの意見が一致した時点で、学生に対してディスカッションを要約するよう求めることも可能です。このような学習者中心のアプローチは、オンラインコミュニティが確立され、恐らくあなたがモデル化された要約プロセスを持っている場合、特に有用です。

フォーラムを単一のサブジェクトまたはトピックを投稿する、短い時間のディスカッションに制限したい場合、「トピック1件のシンプルなディスカッション」は最も有用です。あなたが学生に対して特定の話題に集中させたい場合、この種のフォーラムは非常に創造性に富んでいます。

あなたが大規模ディスカッションおよび短く焦点を絞ったディスカッションの妥協点に到達したい場合、「各人が1件のディスカッションを投稿」は、最も有用なフォーラムタイプです。「各人が1件のディスカッションを投稿」するフォーラムタイプには「トピック1件のシンプルなディスカッション」タイプのフォーラムよりも少しだけ自由度がありますが、それぞれの学生が好きなだけトピックを作成できる「一般利用のための標準フォーラム」に対して自由度は劣ります。スレッド内で他のユーザの投稿に対して返答する時間が制限されていないため、このタイプのフォーラムを選択した場合、活発で焦点を絞ったフォーラムが成功したフォーラムだと言えます。

あなたが学生に答えてもらいたい質問がある場合、「Q&A フォーラム」は最適なフォーラムタイプです。「Q&A フォーラム」では教師が質問を投稿し、考えられる答えを学生が返答します。「Q&A フォーラム」では、デフォルトで他の学生の投稿を閲覧する前に、学生が回答を1回投稿する必要があります。最初の投稿後、学生は他の学生の投稿の閲覧および返信が可能となります。この機能では、すべての学生に対して平等な初期投稿の機会を与え、独自の独立した思考を促します。

フォーラムに関して熟考すべき提案

  1. あなたのコースが離れている場合、あなたの学生と向かい合う時間が限られている場合、または対面コースを補足するための Moodle コースでコミュニティ感覚を促進したい場合、あなたのフォーラム群の1つに歓迎または導入メッセージまたはスレッドを置くことは、優れた実践となります。例えば自分自身のことをあなたやクラスメートに紹介するため自己紹介を投稿する等、あなたからの歓迎または導入メッセージは、参加者をフォーラムの中へ招待することになります。これはあなたのアイスブレーカー (icebreaker 緊張をほぐすもの) になり得ます。または、分けた形でアイスブレーカーを持つこともできます。
  2. もし、参加者に答えてもらいたい2つの質問がある場合、フォーラムに2つのトピックを投稿することで、どこに回答を投稿すればよいのか、また質問すべてに答える必要があるのかということを学習者に認識させます。
  3. 言葉のトーン、アイコンタクト、ボディランゲージ等の利点がない環境でコミュニケーションを取っていることを思い出してください。ですから、フォーラムでは、あなたのコミュニケーションに熟慮することが重要なのです。
  4. 文字を書き込むことによってフォーラムへ投稿しますが、投稿はそれぞれ異なる形を取ることができます。あなたはどの形が活動に一番適しているか考えてみてください。 例えば、曖昧さをなくすため、明確な投稿の形を選択することができます。あなたは恐らく次のように伝えるでしょう、「これは独り言のためのフォーラムです。一緒にアイディアと可能性を徐々に引き出しましょう」または「これはトピックのアイディアを共有するため、あなたが招待されたフォーマルなフォーラムです」。あなたが後者を選択した場合、すでに学習者に対してアイディアをオフラインで考えるか、Moodle 内の他の活動を提案していることでしょう。
  5. 教師のみディスカッションを開始、学生は返信のみできるフォーラムを作成します。あなたが開始するそれぞれのスレッドには作文問題 (または同様の問題) が含まれています。学生は作文問題に対する箇条書の計画を返信として投稿します。他の学生が同じ課題に対してどのように取り組んでいるか見ることができるため、効果的なフォーラムです。すべての学生が計画を投稿した後、どの計画が優れていて、なぜかということに関して、あなたがディスカッションを開始することができます。投稿を評価できるよう設定することで、他の学生が自分の取り組みをどれだけ参考になると考えているか把握できます。

フォーラムの評価

  • フォーラムを評価できるユーザを教師のみに限定することで、あなたは学生の活動を評価することができます。教師のみ評価できるよう設定した後、学生のすべての投稿を評価してください。ここでは個々の学生の評定平均が評定表に表示されます。すべての投稿の評定合計が表示されるわけではありませんので注意してください。ですから、あなたが学生に対して1つのフォーラムに複数投稿して欲しい場合、フォーラム評定を1つのブロックにまとめるため、課題モジュール (オフライン課題) の使用をお勧めします。この課題モジュールの評定は評定表に表示されます。この課題モジュールでは実際の課題を提出する必要はなく、フォーラム評定を1つにまとめるためだけに設置されていることを忘れずに学生に説明してください。

ベストプラクティスおよび共有ディスカッション

  • フォーラムの最善の利用およびフォーラム評価に関する多くのディスカッション (英語) が教育戦略フォーラムにあります http://moodle.org/mod/forum/view.php?id=41

関連情報