OAuth 2 LinkedInサービス

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索


2019年5月1日以降、LinkedInはv1 APIをサポートしなくなりました。これは、以前はMoodleでOAuth 2認証方式として構成できました。 LinkedInのv2 APIの移行ドキュメントによると、新しいAPIが 'lite' エンドポイントを持つ古い基本的なユーザ情報エンドポイント。ユーザの電子メールアドレスは含まれていません(別のエンドポイントから取得する必要があります)。

メールアドレスはMoodleの必須フィールドであり、OAuth 2の実装では現在、すべてのユーザ情報を単一のエンドポイントから取得する必要があるため、LinkedIn v2 APIは現在Moodleの カスタムOAuth2サービス 機能と互換性がないようです。

新しいAPIの回避策の調査を続けており、解決策が見つかったときにこのドキュメントをさらに更新します。それまでの間、これに役立つ情報があれば、トラッカーの問題MDL-65637にご協力ください。