言語設定

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索

言語選択の優先度

この図は、言語を選択する際のMoodleの優先度を示しており、サイト、コース、およびユーザーのさまざまな設定の関係を理解するのに役立ちます。

Moodle言語選択の優先度

ユーザー設定

ユーザーは、ユーザーメニュー(右上)の[設定]から好みの言語を設定できます。

このリストには、サイト管理者が「サイ​​ト管理>言語>言語設定>言語メニューの言語」でこれらを制限していない限り、インストールされているすべての言語パックが表示されます。

コース管理設定

マネージャーまたは教師は、「コース管理>設定の編集>言語の強制」でコースの言語を強制できます。

このリストには、サイト管理者が「サイ​​ト管理>言語>言語設定>言語メニューの言語」でこれらを制限していない限り、インストールされているすべての言語パックが表示されます。

機能moodle/site:forcelanguageは、この言語を上書きする必要があるユーザーに対して管理者によって許可されている場合があります(たとえば、コースで問題を知らない言語でテストする場合 。)

サイト管理設定

サイトのデフォルトの言語設定は、「サイト管理>言語>言語設定」にあります。

このページの一部の設定は、サイトに既にインストールされている言語パックでのみ機能するため、最初に言語パックをインストールする必要がある場合があります。

言語の自動検出

デフォルトでは、Moodleはブラウザの設定からユーザーの言語を検出します。ただし、言語の自動検出が無効になっているため、代わりにデフォルトのサイト言語が使用されます。

デフォルトの言語

これにより、サイトのデフォルト言語が設定されます。アカウントの作成中にユーザーに別のユーザーを明示的に割り当てない限り、新しく作成されたすべてのユーザーアカウントは、この言語をデフォルトとして継承します。

このデフォルトを変更しても、既存のユーザーのデフォルト言語は変更されません。 FAQ「新しいデフォルト言語に変更しても、ユーザーは古い言語のままです」を参照してください。 Language FAQにあり、それについて何をすべきかについての提案があります。

この設定は、ユーザーの優先言語または言語メニューを使用して上書きできます。

ブラウザーで優先言語が設定されている場合、これはデフォルトのサイト言語をオーバーライドします(言語の自動検出が無効になっている場合を除く)。

config.php fileに次の行を追加することにより、データベース接続の問題に対してローカライズされたエラーメッセージを有効にすることができます。

$CFG->lang="yourlangcode";

表示言語メニュー

言語メニューを各ページの上部に表示するかどうかを設定します。これがオフになっている場合、ユーザーが言語設定を変更できる唯一の場所は、ユーザーメニューの[設定]を介してです。

注:この言語メニューの場所や有無はテーマによって異なります。デフォルトのBoostテーマでは、画面の左上にあるトップバーの、テーマのカスタムメニュー項目の右側に表示されます。

cleanthemelanguageselector.png

言語メニューの言語

生徒と教師が選択できる言語の数を制限する場合は、ここに簡略リストを入力します。これは、カンマで区切られた言語コードの形式にする必要があります(例:en_us、es_mx、fr、fr_ca)。

このリストは、「強制言語」設定を使用するコースレベルと、「優先言語」設定を使用するユーザープロファイルの両方で使用可能なオプションを制御します。

サイトが親言語に依存する子言語を使用している場合は、[サイト管理]> [言語]> [言語設定]で[言語メニューの言語]を編集し、親言語を削除できます。たとえば、カナダにいて、ユーザーに元のフランス語ではなくカナダフランス語を使用させたい場合などです。

キャッシュ言語メニュー

組み込みの言語パック管理ツールを介して言語パックをインストールまたは削除すると、キャッシュは自動的に更新されます。新しい言語パックを手動でインストールする場合は、すべてのキャッシュを消去する機能を使用して、キャッシュされたリストを更新する必要があります。

すべての言語文字列をキャッシュする

すべての言語文字列をデータディレクトリのコンパイル済みファイルにキャッシュします。

Moodleを翻訳したり、Moodleソースコードの文字列を変更したりする場合は、これをオフにすることができます。それ以外の場合は、通常の本番サイトでは常に有効にしてください。オフにすると、サーバーはディスクに移動して、各ユーザーセッションのすべての言語文字列を読み取り、パフォーマンスに影響を与えます。

サイト全体のロケール

サイト全体のロケールを選択-これは、すべての言語パックの日付の形式と言語を上書きします(ただし、カレンダーの曜日の名前は影響を受けません)。このロケールデータをオペレーティングシステムにインストールする必要があります(例:linux en_US.UTF-8またはes_ES.UTF-8)。

official MS-Windows locale language identifiersを参照してください

here for Linux locale infoまたは/en-us/goglobal/bb688174.aspx for Windows server locale infoが機能していないようです:(

Moodleはサーバーのロケールを使用するため、ほとんどの場合、何をしているのか確信がない限り、このフィールドは空白のままにしておく必要があります。

Excelエンコーディング

ラテン語のエンコーディングが必要な特別な理由がない限り、デフォルト(Unicode)のままにします。