サイト通知

移動先: 案内, 検索

更新通知

管理者は、「設定」>「サイト管理」>「サーバー」>「更新通知」で、Moodleコアコードとサイトにインストールされている提供プラグインの両方の更新通知を設定できます。詳細については、利用可能な更新通知を参照してください。

ログイン失敗通知

管理者は、 設定>サイト管理>セキュリティ>通知 でログイン失敗通知を設定できます。

ログイン失敗の表示

これを管理者に設定して、生徒または教師のログインを盗もうとする人物に警告する。設定すると、管理者がログインすると、失敗したログインの数を示すリンクがページの右上隅に表示されます。リンクをクリックして、ログインエラーページにアクセスします。

メールのログイン失敗

ログインの失敗が心配な場合は、管理者またはサイト構成を変更できるすべてのユーザーにメール通知を設定できます。

電子メール通知のしきい値

これは、通知をトリガーする単一のコンピューターからの特定のユーザーの失敗したログインの数を設定します。


注:アカウントのロックアウトを引き起こすログイン試行の失敗回数は、「アドミニストレーション>サイト管理>セキュリティ>サイトポリシー」で設定できます。

その他の通知

使用されているMoodleのバージョンは、「サイト管理>通知」にあります。

ページに表示されるその他の通知には、

  • "Alpha"開発コードの警告
  • Cronは24時間以上実行されていません
  • データベーステーブルはMyISAMデータベースエンジンを使用しています-実行方法についてのアドバイスはMyISAMからInnoDBへの移行を参照してください
  • 「PHP設定display_errorsを有効にすることは、サーバーに関する機密情報が明らかになるエラーメッセージがあるため、本番サイトでは推奨されません。」これについてあなたがすることは説明されていません。 「display_errors = off;」でphp.iniファイルを作成するフォルダー内の "with the script"(?)は、グーグルで見つかった1つの提案ですが、サーバーによって異なる場合があります。
  • サイトはまだありません登録済み

こちらもご覧ください