コース完了の使用

移動先: 案内, 検索

コース完了の使用方法

学習者のコース完了ステータスは、2つの方法で更新されます。

  1. 活動または基準が手動で完了としてマークされた場合(教師やマネージャーなど)、ステータスはすぐに更新されます。
  2. 活動または基準が自動的に満たされた場合。小テストを合格/完了すると、ステータスは次にMoodleのCronが実行されたときに更新されます。

コース完了はさまざまな方法で使用できます。この機能は単なるレポート機能であることに注意してください。

コースの完了は、学生を別のコースから締め出すことはありませんが、教師は、学生が推奨される必須コースを完了したかどうかを確認できます。

また、活動完了と連携して、完了した活動を学生に示すこともできます。これは、コースのホームページの活動の横にあるチェックマークを使用するか、コース完了ステータスブロックから確認できます。

これは、生徒がコースを完了したことを教育チームのメンバーが確実に承認する方法です。たとえば、教師Bはコース2のインストラクターであり、コース1を完了するための推奨前提条件があります。教師Bは、コース1の非編集教師であり、学生がコースを完了したことを示すチェックボックスをオンにする必要があります。

例1:3人の学生がこのコースの前提条件を完了しました
例2:生徒が小テストではなくレッスンを完了した
例1の画像では、教師は Test User1 がこのコースを完了したことを確認していません。

コースは、コース完了基準を介してリンクできます。

手動完了

設定によっては、コースの完了で活動またはコース全体を手動で完了としてマークする必要がある場合があります。設定では、任意の数の組み合わせが許可されます。たとえば、活動では、学生が最小スコアを受け取り、編集していない教師が手動で完了を確認する必要がある場合があります。または、単に活動またはコースの完了を確認するよう学生に要求するだけです。

学生の例による手動マーキング

コース完了設定では、学生がコースを完了したことを確認する必要がある場合があります。生徒は自己完了ブロックを使用してこれを行います

自己完了ブロック

コースの完了設定では、学生が活動を完了したと思ったときに、活動に手動でマークを付ける必要がある場合があります。 コースのホームページで、学生は活動の自己完了としてチェックするボックスを表示する場合があります。上記の例1を参照してください。

教師の例による手動マーキング例

教師(または編集権限のない教師、マネージャー、またはその他のロール)がコースを完了としてマークするには、完了トラッキング設定で 手動による完了 セクションの適切なボックスをオンにする必要があります。

次に、教師はコース完了ステータスブロックにアクセスし、コースを完了したと見なされる学生の名前を確認します。

例3:教師のチェックによるコース完了のみが使用されている
例4:教師が2人の学生をコースを完了したとマークしました。明らかに、1人の学生がレッスンまたは小テストを完了せずに要件を満たしました

指定された基準に基づくコースの完了

完了した活動、達成した評定、コースで費やした時間など、指定した基準の組み合わせに応じて、コースを完了としてマークすることができます。これは、 全体的な基準タイプの集計 決定されます。

自動コース完了の設定については、コース完了設定で詳しく説明しています。

  • 活動完了
  • 日付
  • 登録期間
  • 評定
  • 登録解除
例1、例2、例4を参照してください。

コース完了レポート

コースの完了情報は、マネージャー、教師、編集権限のない教師(およびケイパビリティ report/completion:viewを持つその他のユーザ)が管理 > コース管理 > コースで表示できます。完了またはコース完了ステータスブロックのリンクを介して。

コース完了レポートは.csvファイルとしてダウンロードできますが、Excelで開こうとすると問題が発生します(MDL-39156)。

こちらもご覧ください