ごみ箱

移動先: 案内, 検索

ごみ箱とは

  • ごみ箱を使用すると、教師は誤って削除したコース要素を取得できます。また、関連するカテゴリ権限を持つユーザは、削除されたコースを復元できます。
  • 削除したアイテムが不要な場合、7日後(または管理者が指定した時間)に自動的に完全に削除されます。
  • ごみ箱は、Moodle Users Associationが資金提供した最初のプロジェクトです。


Moodle 3.1のごみ箱

どのように機能しますか?

削除された活動

1.コースの教師がアイテムを削除する前に、リマインダーメッセージが表示されます。

confirmdeletion.png

2.誤って「Yes」をクリックしても、すべてが失われるわけではありません。しばらくすると、[ごみ箱]リンクが歯車メニューまたは管理ブロックに表示されます(テーマによって異なります)。 ([ごみ箱]リンクの表示が遅れるのは、 cronを実行してページを更新する必要があるためです。)

courseadminrecylebinlink.png

3.リンクをクリックし、「復元」アイコンをクリックして、誤って削除した割り当てまたはその他のアイテムを取得します。

recycle bin.png

削除されたコース

1.誤ってコースを削除する前に、コースがあったカテゴリにアクセスします。 2.カテゴリ管理ブロックから、[ごみ箱]をクリックします。

recyclebinrestorecourse1.png

3. [復元]をクリックして、削除したコースを復元します。

recyclebinrestorecourse2.png

活動を削除しています

活動の削除中は、「活動の削除中...」というメッセージが表示されます。

注: cronは毎分実行して、活動が迅速に削除されるようにする必要があります。

設定方法は?

  • ごみ箱はすべてのコースとカテゴリでデフォルトで使用できますが、管理ブロックのリンクは、何かが削除された場合にのみ表示されます。
  • 管理者は、サイト管理ごみ箱]から設定を変更したり、アイテムまたはコースが完全に削除されるまで使用できる期間を決定したり、空の場合でもごみ箱を管理ブロックに表示したりできます。必要に応じて、ごみ箱を無効にすることができます。

こちらもご覧ください