Shibboleth

移動先: 案内, 検索

Shibboleth (ʃɪbəlɛθ) は、Internet2 の MACE ( Middleware Architecture Committee for Education ) プロジェクトによって開発されている、連携型アイディンティティおよび SAML ベースの認証基盤を統合したアーキテクチャおよびオープンソースのインプリメンテーションです。連携型アイディンティティでは、ユーザ情報を1つのセキュリティドメインで集中管理することも、他のドメインと連携させることもできます。このことにより、クロスドメインのシングルサインオンが実現され、コンテンツプロバイダごとのユーザ名およびパスワード管理を避けることができます。アイデンティティプロバイダ ( IdP ) はユーザ情報を提供し、サービスプロバイダ ( SP ) は、その情報を利用してセキュアコンテンツへのゲートアクセスを提供します。 (出典 Wikipedia, the free encyclopedia)

Shibboleth の使用に関して Moodle を設定する

補足的なオンラインインストラクションは、あなたの Moodle の auth/shibboleth フォルダ内にある README.txt をご覧ください。

英国における Shibboleth

英国Bectaおよび JISC では、Shibboleth を使用したシングルサインオンを FE ( Further Education Institutions ) および HE ( Higher Education Institutions ) 連盟の教育機関に導入する計画があります。これは、英国アクセス管理連盟に参加し、ユーザアイデンティティがアイデンティティプロバイダ LA/RBC に保持されていれば、Moodle を使用する英国の教育機関が、Shibboleth を使用したユーザ認証を行うことができることを意味します。恐らく、英国の地方の教育機関 ( Local Authority - LA ) では、地域ブロードバンドコンソーシアム ( RBC ) に、アクセスすることになります。

外部リンク