開発者ツール

移動先: 案内, 検索

Moodleコードの開発者は、それらを支援するためにMoodleパッケージに含まれるいくつかの特別なツールを持っています。ほとんどのツールは、テストサイト(運用サイトではない)でのみ使用する必要があります。ただし、慎重な管理者が使用できるものはいくつかあります。

実験的機能

Moodleには、慎重な管理者が有効化を検討する可能性があるいくつかの実験的機能が含まれています。詳しくは実験設定をご覧ください。

デバッグ

管理 > サイト管理 > 開発 > デバッグ

場合によっては、サイト管理者はより多くの、またはより完全なエラーメッセージを表示する必要があります。デフォルトではNONEが表示されます。これらのメッセージは、1)教師や生徒が突然現れたときに非常に混乱する可能性があり、2)MoodleおよびWebサーバについて、一般的な知識ではないことを明らかにする可能性があります。したがって、注意して短時間使用してください。詳細については、デバッグを参照してください。

ウェブサービステストクライアント

詳細については、ウェブサービステストクライアントを参照してください。

すべてのキャッシュを削除

管理 > サイト管理 > 開発 > すべてのキャッシュを削除

Moodleは、ウェブブラウザによって計算され保存されたテーマ、言語文字列、フィルタ、その他の情報をキャッシュできます。このリンクにより、すべてのユーザのウェブブラウザは、Moodleがキャッシュした任意の情報の画面を強制的に更新します。キャッシュを使用するいくつかのモジュールには、そのモジュールのキャッシュをオフにする設定があります。キャッシュを削除またはパージすると、パフォーマンスが低下します。

サードパーティのライブラリ

バージョンとライセンスとともに使用中のすべてのサードパーティライブラリのリストは、 管理 > サイト管理 > 開発 > サードパーティライブラリから入手できます。

開発ドキュメントの Moodle libraries creditsも参照してください。

受け入れテスト

管理 > サイト管理 > 開発 > 受け入れテスト

詳細については、開発ドキュメントの Acceptance Testingを参照してください。

テストコースジェネレータ

詳細については、テストコースジェネレータを参照してください。

JMeterテストプランジェネレータ

詳細については、JMeterテストプランジェネレータを参照してください。

PHPユニットテスト

管理 > サイト管理 > 開発 > PHPユニットテスト

詳細については、開発ドキュメントの PHPUnitを参照してください。

テンプレートライブラリ

詳細については、テンプレートライブラリを参照してください。

XMLDBエディタ

サイト管理 > 開発 > XMLDBエディタ

XMLDBエディタは、Moodleがデータベーステーブルをセットアップする方法を指定する.xmlファイルを作成するためのツールです。詳細については、開発ドキュメントの XMLDB editorを参照してください。