評定カテゴリ

移動先: 案内, 検索

評定は評定カテゴリに分類できます。 評定カテゴリには、その評定項目から計算される独自の総計評定があります。カテゴリのネストのレベルに制限はありません(カテゴリは別のカテゴリに属している場合があります)。ただし、各評定項目は1つのカテゴリにのみ属することができます。また、すべての評定項目とカテゴリは、少なくとも1つの永続的なカテゴリであるコースカテゴリに属します。

評定カテゴリの追加

評定カテゴリを追加するには:

  1. 評定表のドロップダウンメニューから "評定表セットアップ" を選択します。
  2. ページ下部にある "カテゴリを追加する" ボタンをクリックします。
  3. 評定カテゴリに意味のある名前を付けます。
  4. 必要に応じて評定カテゴリ設定を選択します。"さらに表示する" リンクをクリックすると、詳細設定を利用できるようになります。
  5. "変更を保存する" ボタンをクリックします。

評定カテゴリの編集

評定カテゴリを編集するには:

  1. 評定表のドロップダウンメニューから "評定表セットアップ" を選択します。
  2. 編集する評定カテゴリの反対側にある編集アイコンをクリックします。
  3. 評定カテゴリを編集した後、"変更を保存する" ボタンをクリックします。
評定カテゴリの編集

設定

次のいずれかがページに表示されない場合は、サイトでグローバルに設定されている可能性があります。詳細については、 強制設定を参照してください。

総計

ドロップダウンメニューでは、評定項目からカテゴリの総計評定を取得する方法を選択できます。

詳細な説明については、評定の総計を参照してください。

空でない評定のみを集計します

存在しない評定は、最小評定として扱われるか、総計に含まれません。たとえば、0から100の間で評定され、学生の半分だけが評定された課題は、評定されていない提出物を0としてカウントするか(オプションがオフ)、無視されます(オプションがオンになります)。

重要 :空の評定は単に評定表のエントリがないことであり、異なる意味を持つ可能性があります。たとえば、課題をまだ提出していない参加者、教師によってまだ評定されていない課題の提出、または評定表管理者によって手動で削除された評定である可能性があります。したがって、これらの "空の評定" を解釈する際には注意が必要です。

アウトカムを総計に含める

アウトカムを総計に含めると、望ましい全体的な評定が得られない場合があるため、アウトカムを含めるか除外するかを選択できます。

最低評点の除外

設定されている場合、このオプションはXの最低評点を削除します。Xはこのオプションで選択された値です。

注:このオプションまたは '最大評点の保持' の下のオプションのいずれかのみを使用できます。両方を設定している場合は、コースカテゴリで '最低評定を除外' のみを使用できます。

自然な重み付けを使用する場合、最低評点の除外は次の場合にのみ許可されます。

  • カテゴリのすべての子の重みは同じです
  • カテゴリのすべての子供は等しい最大評定を持っています
  • カテゴリにサブカテゴリはありません
  • カテゴリに追加点項目はありません

最大評点の保持

設定されている場合、このオプションはX個の最大評点のみを保持します。Xはこのオプションで選択された値です。

注: '最低評点の除外' をなし以外に設定している場合、このオプションは効果がありません。

親カテゴリ-アイテムの重量

コースが評定の加重平均値を使用するように設定されている場合、このカテゴリの評定が親カテゴリ内に持つ重みを割り当てることができます。親カテゴリのすべてのサブカテゴリ内で、重み値を合計して100にする必要はありません。

コースが自然評定を使用するように設定されている場合は、このカテゴリの評定が親カテゴリ内に持つ重みを割り当てることができます。他のすべての重みは、ここで設定した量に応じて調整されます。

総計ビュー

各カテゴリは、フルモード(総計列と評定項目の列)、総計列のみ、または評定項目のみの3つの方法で表示できます。

関連項目