パーミッションを変更して評定表を簡素化する

移動先: 案内, 検索

Moodleの評定表は、システム、コースカテゴリ、またはコースレベルでパーミッションを変更することにより、教師および編集権限のない教師向けに簡略化できます。以下の提案された変更は、どのMoodleサイトにも適用できます。


基本的な方法

システムレベルでパーミッションを変更するには:

  1. 管理者としてログインします。
  2. 管理 > ユーザ > パーミッション > ロールを定義する にアクセス
  3. 教師および/または編集権限のない教師のロールを編集し、選択したケイパビリティを許可から未設定に変更します。
  4. ページの一番下までスクロールして、"変更を保存する" ボタンをクリックします。

コースカテゴリまたはコースレベルでパーミッションを変更するには:

  1. 管理者としてログインします。
  2. コースカテゴリページの右上にある "ロールの割り当て" リンク、またはコース管理ブロックのリンクをたどります。
  3. "パーミッションの上書き" タブをクリックします。
  4. 教師または編集権限のない教師、あるいはその両方のロールを選択し、選択した機能を継承から防止に変更します。
  5. ページの一番下までスクロールして、"変更を保存する" ボタンをクリックします。

評定のエクスポートタイプの数を減らす

デフォルトでは、教師は 評定のエクスポートをExcelスプレッドシート(xls)、OpenDocumentスプレッドシート(ods)、プレーンテキストファイル(txt)、またはXMLファイル(xml)に送信できます。

教師が使用する可能性が低い評定のエクスポートタイプを削除するには、次のケイパビリティのいずれかを変更します。 gradeexport/xls:view gradeexport/ods:view gradeexport/txt:view gradeexport/xml:view

評定を完全にエクスポートするオプションを削除するには、ケイパビリティ moodle/grade:export

評定インポートタイプの数を減らす

デフォルトでは、教師は評定のインポートをCSVまたはXMLファイルとして行うことができます。

教師が使用する可能性が低い評定インポートタイプを削除するには、次のいずれかのケイパビリティを変更します。 gradeimport / csv:view gradeimport / xml:view

評定を完全にインポートするオプションを削除するには、ケイパビリティ moodle / grade:import

評定文字のサイトレベルのデフォルトを強制する

教師がコースの評定文字を編集するケイパビリティを削除するには、ケイパビリティを変更します moodle/grade:manageletters

標準スケールの強制

教師がカスタム評価尺度を作成、編集、削除する機能を削除するには、ケイパビリティ moodle/course:managescalesを変更します。

評定表で直接評定を編集するオプションを削除する

評定者レポート編集のオン/オフボタンを削除するには、ケイパビリティmoodle/grade:editを変更します。これにより、教師は評定を直接編集したり、個々の評定を非表示またはロックしたりできなくなります(ただし、カテゴリとアイテムの編集ページから評定項目を非表示またはロックすることはできます)。