評点の非表示

提供: MoodleDocs
評定非表示から転送)
移動先:案内検索

はじめに

評価者は、採点が完了して最終的に決定されるまで、評点とフィードバックを隠しておき、一度に公開することがよくあります。

ワークフローではこのようなことが可能ですが(複数の採点がある場合には特に便利です)、評定者レポートの評定を公開する時まで単純に非表示にした方が手っ取り早い場合もあります。このページでは、その方法を説明します。

注意: コースフロントページで課題の表示/非表示を使用しても、学生に評点を表示/非表示することには 影響しません。課題とその評点は互いに完全に独立していますので、評点は独立して表示または非表示にする必要があります。
注意: 評定者レポートを使用して最終的な評定を計算する場合は、計算を実行する際にこれらの活動が非表示にならないようにしてください。
注意: 新規に作成された活動は、評定カテゴリの可視性を継承 しません

設定した日まで、評定やフィードバックを自動的に非表示にする

この機能は、学生に採点やフィードバックを公開する日を決めている場合に便利です。これにより、手動でこの操作を行うことを忘れずに済みます (ただし、必要であれば手動で日付を変更することもできます)。

  1. 評定者レポートで、編集をオンにすると、さらに設定とコントロールが表示されます。
  2. 活動の列の コントロール の行で、編集 アイコンをクリックすると、設定画面が表示されます。
  3. 日付設定の設定内容を表示するには、さらに表示する のリンクをクリックし、さらに設定内容を表示します。
  4. 次の日時まで隠す の設定は、有効のチェックボックスをクリックすると、編集可能になります。
  5. 日時を入力すると、採点とフィードバックが表示されます。
  6. 保存します。

評定やフィードバックを手動で非表示にする

これは、学生に評定やフィードバックを絶対に見せたくない場合や、公開されるべき日付がわからない場合に最適です。

  1. 評定者レポートを表示するには、Moodleコースのフロントページに移動し、設定で「評定」をクリックしてください; 評定者レポートが表示されます。
  2. 編集モードの開始; 更なる設定とコントロールが表示されます。
  3. 列は活動に対応しており、各列には活動全体に作用する コントロール(列のタイトルのすぐ下)があることに注意してください。
  4. 課題の評定やフィードバックを非表示にするには、その列を見つけ、コントロール の行にある 表示/非表示 アイコンをクリックしてください。
  5. この場合、保存する必要はなく、すぐに効果が現れます。

評定の非表示の使用例

段階 非表示 ロック
期日前、参加者の提出物 Yes No
期日と評定/フィードバックの開始日 Yes Yes
評定/フィードバックの終了、評定の公開 No Yes