受け入れテスト

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索

Moodleは自動的にユーザインタフェースをテストするため、Behatと呼ばれるフレームワークを使用します。テストは各プラグインおよびMoodleコアのために書けます。

BehatでのテストはMoodleのユーザインターフェイスを経由で動作するため、少しだけ時間を要します。そのため、あなたのコードの細かい限界点をテストするため、おそらくPHPUnitも使用すべきでしょう。