コース作成者ロール

提供: MoodleDocs
コース作成者から転送)
移動先:案内検索

コース作成者のロール

コース作成者のロールを割り当てられたユーザは、(名前が示すように)コースを作成できます。サイト管理 / ユーザ / パーミッション / ユーザポリシーの 新しいコース内でのコース作成者ロール(creatornewroleid)の設定をデフォルト(教師)のままにすると、コース作成者は作成したばかりのコースの教師として登録され、次のことができます。次に、コース設定を編集して、他のユーザを登録します。

コース作成者は、非表示のコースを表示することもできます。

コース作成者のロールは、通常、マスターティーチャー、部門長、またはプログラムコーディネーターに割り当てることができます。

コースの作成

新しいコースを追加する ボタンは、すべてのコースを一覧表示するページの下部にあります。

コース作成者がコースを作成すると、教師として、または管理 > サイト管理 > ユーザ > パーミッション > ユーザポリシー で設定されているロールに自動的に登録されます。

注(1): ユーザにコースカテゴリコンテキストでコース作成者のロールが割り当てられている場合、新しいコースを追加する ボタンは、コースカテゴリに少なくとも1つのコースが含まれている場合にのみ表示されます。

注(2): コース作成者は、コース作成者パーミッションを持つカテゴリに属していても、作成していないコースで教師のロールが自動的に割り当てられることはありません。

コースの削除

コース作成者は、作成したコースをUIから削除できます(作成から24時間、Moodleコードのハードコードされたハックでは、この禁止されているmoodle/course:deleteを防ぐことはできません)。これを行うには、管理ブロック > サイト管理 > コース > コースおよびカテゴリを管理するアクセスし、コース行の削除ボタンをクリックします。

ロールの割り当て

ユーザには、システムロールとして( 管理 > サイト管理 > ユーザ > パーミッション > システムロールを割り当てる )、またはコースカテゴリコンテキストでコース作成者のロールを割り当てることができます。

コースバックアップのリストア

コース作成者がコースバックアップをリストアしてコースを作成する必要がある場合は、 コース作成者のロールには、コースのリストアケイパビリティを許可する必要があります。さらに、コース作成者のロールには、バックアップに含まれるすべてのロールを割り当てることが許可されている必要があります。

ロールの許可

コース作成者に追加のパーミッションが必要な場合は、コース作成者のロールのパーミッションを変更するのではなく、マネージャロールを使用することをお勧めします。そうしないと、コース作成者のロールに追加機能を許可すると、コース作成者が自分で作成していないコースにアクセスできるようになる可能性があります。

コース作成者のロールは、ユーザがコースを作成できるようにすることのみを目的としています。ユーザが既存のコースを編集できるようにすることを目的としたものではありません。

関連項目