mod/assign/feedback/editpdf/testunoconv/systemd

移動先: 案内, 検索

CentOS / RedHat7.xでのunoconvのSystemDスクリプトの例

unoconvインストールに戻る

vim /etc/systemd/system/unoconv.service

CentOS/RedHatディストリビューションの一部ではないLibreOffice 5.2パッケージをインストールした場合、unoconv はLibreOffice5.2に付属のPythonライブラリが必要な場合があるため、Environment="UNO_PATH=/opt/libreoffice5.2/program" をファイルに追加することをお勧めします(以下の例を参照)。パッケージ。 それ以外の場合は、ファイルから 'Environment' 行を破棄します。

また、sourcesから 'unoconv' をインストールした場合(以下の例のように)、適切なパス(つまり、"/usr/local/bin/unoconv")を使用していることを確認してください。

[Unit]
Description=Unoconv listener for document conversions
Documentation=https://github.com/dagwieers/unoconv
After=network.target remote-fs.target nss-lookup.target

[Service]
Type=simple
Environment="UNO_PATH=/opt/libreoffice5.2/program"
ExecStart=/usr/local/bin/unoconv --listener

[Install]
WantedBy=multi-user.target


上記のファイルを保存したら、システムの起動の間に貼り付けます。

#systemctl enable unoconv.service
#systemctl start unoconv.service

unoconvインストールに戻る