mod/assign/feedback/editpdf/testunoconv/launchd

移動先: 案内, 検索

この起動されたスクリプトは、起動時にunoconvリスナーを起動し、クラッシュした場合は再起動します。 unoconvプロセスのHOMEディレクトリ /tmp/ に設定され、ユーザは _www(OS XのデフォルトのApacheユーザ)になります。

このスクリプトを/Library/LaunchDaemons/unoconv.plistにコピーしてインストールし、次のコマンドを実行します。

$ sudo launchctl load /Library/LaunchDaemons/unoconv.plist

それを開始します。

これがスクリプトです。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<!DOCTYPE plist PUBLIC "-//Apple//DTD PLIST 1.0//EN" "http://www.apple.com/DTDs/PropertyList-1.0.dtd">
<plist version="1.0">
    <dict>
        <key>Label</key>
        <string>Unoconv</string>
        <key>ProgramArguments</key>
        <array>
            <string>/usr/local/bin/unoconv</string>
            <string>--listener</string>
        </array>
        <key>EnvironmentVariables</key>
        <dict>
            <key>HOME</key>
            <string>/tmp/</string>
        </dict>
        <key>KeepAlive</key>
        <true/>
        <key>UserName</key>
        <string>_www</string>
    </dict>
</plist>