IMSエンタープライズ

2020年8月21日 (金) 08:06時点におけるToshihiro KITA (トーク | 投稿記録)による版 (学生/教師の登録解除)

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内, 検索

IMS Enterpriseについて

IMS Enterprise は、ユーザアカウントの作成と更新、コースへのユーザの登録と登録解除、ロールの割り当て、コースとコースカテゴリの作成、コースのフルネームとショートネームの更新に使用できる国際標準のXMLファイル形式です。

この登録方法を使用する

IMS Enterprise登録を使用するには、サイト管理の '登録プラグイン管理' で有効にする必要があります。

IMS Enterpriseへの登録により、MoodleサーバからXMLファイルがインポートされます。ファイルロケーション をxmlファイルへのフルパスに設定します(サーバ上のローカル、例えば/home/user/imsenterprise/file.xml)

IMS Enterpriseはコースに追加されませんが、代わりに サイト管理 > プラグイン > 登録> IMSエンタープライズファイル ページから直接インポートを実行します。これを行うには、IMSエンタープライズインポート処理を実行してください。 リンクをクリックするか、cronを実行します。

フォーマットの概要

以下は、典型的なIMSエンタープライズデータファイルの基本構造の簡単なガイドです。より多くの情報はIMS Enterprise official websiteで入手できます。

このプラグインが処理できるIMSデータ要素について説明している準拠の概要をお読みください。

IMSエンタープライズファイル形式の基本ガイド

IMSスタイルの登録では、コースを指定する<group>タグ、ユーザーアカウントを指定する<person>タグ、および特定のコース内での個人の役割を指定する<member>タグを含む<membership>タグが必要です。

Moodleデータベースで使用される数字キーは相互運用可能なデータではないことに注意してください-学生データシステムは、JoeがMoodleデータベースに追加された20番目のユーザーであることを事前に知ることは決してないため、これらはこのタイプで交換されるキーではありません。

通常、コースには参照コードと名前があるので、そのコードがMOODLE101であると想定しましょう。 新しいコースをデフォルト以外のカテゴリに配置する必要がある場合は、<orgunit>タグを使用してそのコースを指定できます。 使用できるコースを定義するには

 <group>
   <sourcedid>
     <source>MyDataSystem</source>
     <id>MOODLE101</id>
   </sourcedid>
   <description>
     <short>Moodle 101</short>
     <long>Moodle 101: Course Name</long>
   </description>
   <org>
     <orgunit>CATEGORY</orgunit>
   </org>
 </group>

登録スクリプトは、コードMOODLE101のコースを探し、(オプションで)コースが存在しない場合は作成します。プラグインを使用すると、グループタグとコースのショートネーム、フルネーム、サマリーフィールドをマッピングすることもできます。同様に、その人について-それが "jmoodle"だとしましょう:

<person>
   <sourcedid>
     <source>MyDataSystem</source>
     <id>jmoodle</id>
   </sourcedid>
   <userid>jmoodle</userid>
   <name>
     <fn>Joe Moodle</fn>
     <n>
       <family>MOODLE</family>
       <given>JOE</given>
     </n>
   </name>
 </person>

Joeがまだアカウントを持っていない場合、スクリプトは(オプションで)Joeのアカウントを作成できます。

メンバーシップを見て、その人をコースに追加しましょう。

 <membership>
   <sourcedid>
     <source>MyDataSystem</source>
     <id>MOODLE101</id>
   </sourcedid>
   <member>
     <sourcedid>
       <source>MyDataSystem</source>
       <id>jmoodle</id>
     </sourcedid>
     <role roletype="01">
       <status>1</status>
       <extension><cohort>unit 2</cohort></extension>
     </role>
   </member>
 </membership>

IMSエンタープライズの仕様では、登録の開始日/終了日を指定する機能が提供されているため、必要に応じて<timeframe>タグを使用してそれらを含めることができます。

コース内のグループにユーザが既に追加されている場合、スクリプトは実際にはそれを変更しません。 ただし、グループ化されていない場合は、指定されたグループ化が適用されます。

新しいコースの自動作成

必要に応じて、IMSエンタープライズ登録プラグインは、Moodleのデータベースではなく、IMSデータで見つかったコースの新しいコースを作成できます。

コースは最初に idナンバー(Moodleのコーステーブルの英数字フィールド)によってクエリされます。これは、学生情報システムでコースを識別するために使用されるコードを指定できます(たとえば)。それが見つからない場合、コーステーブルで「短い説明」が検索されます。これは、Moodleではパンくずリストなどに表示される短いコース識別子です(一部のシステムでは、これら2つのフィールドはまったく同じである場合があります)。その検索時のみ失敗しました。プラグインはオプションで新しいコースを作成できます。

新しく生成されたコースは、作成時に非表示になります。これは、教師が気付かない可能性のある完全に空のコースに生徒が迷い込む可能性を防ぐためです。

学生/教師の登録解除

必要に応じて、エンタープライズデータはコースの登録を追加および削除できます-学生および教師用。この設定がオンの場合、データで指定されている場合、Moodleは登録解除を実行します。 Moodle 2以降、プラグインによって追加されたメンバーを削除するには、IMSEnterpriseを使用する必要があります。メンバーを手動で削除することはできません。

IMSデータ内で学生の登録を解除するには、3つの方法があります。

  • 特定の学生とコースを指定し、<role>要素の "recstatus"属性を3( "削除"を意味する)に設定した<member>要素。 これはまだMOODLE PLUGINに実装されていません。
  • 特定の学生とコースを指定し、<status>要素を0( 非アクティブ を意味する)に設定した<member>要素。

3番目の方法は少し異なります。この構成設定をアクティブにする必要はなく、登録解除日のかなり前に指定できます。

  • 登録の<timeframe>を指定する<member>要素は、この特定の学生の登録の開始日および/または終了日を指定できます。 これらの日付は、存在する場合はMoodleの登録データテーブルに読み込まれるため、終了日以降、学生はその特定のコースにアクセスできなくなります。

こちらもご覧ください