フラットファイル

提供: MoodleDocs
2020年8月21日 (金) 07:41時点におけるToshihiro KITA (トーク | 投稿記録)による版 (→‎こちらもご覧ください)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索

フラットファイル登録プラグインを使用すると、CSVファイルを介して既存のコースの既存のユーザを一括登録管理(登録または登録解除)できます。

ファイルはフラットファイル登録同期のスケジュールされたタスクによって処理されてから削除されます。

ファイルには、処理、ロール、ユーザIDナンバー、コースIDナンバーを含める必要があります。開始時刻と終了時刻はオプションのフィールドです。ファイル形式の詳細は、フラットファイル設定ページのサイトの管理 > プラグイン > 登録 > フラットファイル(CSV)に表示されます。

フラットファイル登録の有効化

管理者は、次のようにフラットファイル登録を有効にできます。

  1. サイト管理 > プラグイン > 登録 > 登録プラグイン管理に移動し、フラットファイル(CSV)の反対側にある目のアイコンをクリックします。有効にすると、グレー表示されなくなります。
  2. 設定リンクをクリックし、必要に応じて設定し(以下の設定の詳細を参照)、'変更を保存' ボタンをクリックします。

ファイルロケーション

アップロードファイルの絶対パスを指定する必要があります(例:/var/moodledata/enrolments.txt)。このファイルは、Webサーバプロセスによって読み取られ、変更されます。ファイルは処理後に自動的に削除されます。

ファイルエンコーディング

必ず、同じエンコーディングでファイルを(テキストエディタなどで)保存してください。

通知

ファイルが処理されたときに管理者、教師、学生に通知するメールを送信するように選択できます。

外部登録解除処理

  • コースからユーザを登録解除する ユーザが外部ソースから削除されると、登録は完全に削除され、すべてのロールが削除されます。これは、一部のユーザデータと設定がコースの登録解除中にコースから削除されることを意味します(通常、成績、活動の試行などが含まれます)。
  • ユーザの登録状態を保持する ユーザが外部ソースから消えても、登録はそのまま維持され、ユーザはコースに参加して活動を実行したり、リソースにアクセスしたりできます。これは '何もしない' オプションです。
  • コースの登録を無効にして、ロールを削除するユーザが外部ソースから消えると、登録が一時停止され、登録インスタンスによって割り当てられたロールが削除されます。ユーザが評定表やその他の領域から '消える' 場合があることに注意してください。

何か質問はありますか?

moodle.orgの登録フォーラムに投稿してください。

こちらもご覧ください