ワードセンサーシップフィルタ

提供: MoodleDocs
2021年3月17日 (水) 01:51時点におけるToshihiro KITA (トーク | 投稿記録)による版 (ページの作成:「{{フィルタ}} ワードセンサーシップフィルタを使用すると、コース内で送信されたテキストのフローで、ユーザが選択した特定...」)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索

ワードセンサーシップフィルタを使用すると、コース内で送信されたテキストのフローで、ユーザが選択した特定の単語を "ブラックアウト" できます。主な用途は、フォーラムやWikiなどの活動で学習者が入力したわいせつな単語やその他の不要な単語を検閲することです。

検閲された単語のカスタムリスト

ワードセンサーシップ設定ページ 管理 > サイト管理 > プラグイン > ワードセンサーシップ では、サイト管理者が、あなたのMoodleインストール内で検閲されるワード (悪い言葉) のカスタムリストを編集することができます。

不注意による不快感を避けるために、ワードセンサーシップページにはデフォルトの不適切な単語のリストはありません。カスタムリストが空の場合、言語パックのデフォルトリストが使用されます。

デフォルトの検閲された単語

デフォルトのバッドワードリストは、あなたのMoodleサイトにインストールされた各言語パックのcensor.phpファイルに含まれています。デフォルトのバッドワードリストを変更するには、管理 > サイト管理 > 言語 > 言語カスタマイゼーション に移動して、必要な言語パックをチェックアウトしてください。 文字列リストから フィルタ サブヘッダの下にあるcensor.phpファイルを選択して、ストリングを表示する をクリックしてください。 警告: このファイルの内容は、不快に感じるかもしれません。

ヒントとコツ

  • ワードセンサーシップ設定ページに検閲された単語のカスタムリストを表示したくない場合は、censor.phpファイルを言語を直接カスタマイズしてください
  • Moodleサイト内に複数の言語パックがインストールされて使用されている場合は、各言語パックを編集するか、すべての言語でカスタム検閲された単語を追加することを忘れないでください。

関連項目