「ロケーション」の版間の差分

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索
(ページの作成:「{{Moodleサイトの管理}} ==場所の設定== 管理者は、「アドミニストレーション>サイト管理>ロケーション>ロケーション設定」で次...」)
 
1行目: 1行目:
 
{{Moodleサイトの管理}}
 
{{Moodleサイトの管理}}
==場所の設定==
+
==ロケーションの設定==
管理者は、「アドミニストレーション>サイト管理>ロケーション>ロケーション設定」で次のロケーション設定を変更できます。
+
管理者は、「管理>サイト管理>ロケーション>ロケーション設定」で次のロケーション設定を変更できます。
  
 
===タイムゾーン設定===
 
===タイムゾーン設定===
8行目: 8行目:
  
 
====デフォルトのタイムゾーン====
 
====デフォルトのタイムゾーン====
これを使用して、サイトのデフォルトのタイムゾーンを設定します。これは、ほとんどのユーザーが使用するタイムゾーンにする必要があります。難しい場合は、可能な場合は、UTC設定を使用するのではなく、適切なエリア/場所を選択してください。これらの[http://en.wikipedia.org/wiki/Tz_database名はIANAによって標準化されています]。
+
これを使用して、サイトのデフォルトのタイムゾーンを設定します。これは、ほとんどのユーザーが使用するタイムゾーンにする必要があります。難しい場合は、可能な場合は、UTC設定を使用するのではなく、適切なエリア/ロケーションを選択してください。これらの[http://en.wikipedia.org/wiki/Tz_database名はIANAによって標準化されています]。
  
 
注:Moodle 2.9以降、Moodle.orgからタイムゾーンコードを更新できるようにする古い設定とボタンは、標準のPHPの日付と時間コードに置き換えられました。 PHPのバージョンが6か月以上前のものである場合は、[http://pecl.php.net/package/timezonedb PECL timezonedbパッケージ]を使用してタイムゾーンデータを更新する必要があります。
 
注:Moodle 2.9以降、Moodle.orgからタイムゾーンコードを更新できるようにする古い設定とボタンは、標準のPHPの日付と時間コードに置き換えられました。 PHPのバージョンが6か月以上前のものである場合は、[http://pecl.php.net/package/timezonedb PECL timezonedbパッケージ]を使用してタイムゾーンデータを更新する必要があります。
23行目: 23行目:
 
=== IPアドレス検索===
 
=== IPアドレス検索===
 
==== GeoIP Cityデータファイル====
 
==== GeoIP Cityデータファイル====
GeoIP Cityバイナリデータファイルの場所。これは、インターネットの訪問者に関する地理情報やその他の情報をリアルタイムで判断する非侵襲的な方法です。このファイルはMoodleディストリビューションの一部ではなく、MaxMindとは別に入手する必要があります。
+
GeoIP Cityバイナリデータファイルの場所です。これは、インターネットの訪問者に関する地理情報やその他の情報をリアルタイムで判断する非侵襲的な方法です。このファイルはMoodleディストリビューションの一部ではなく、MaxMindとは別に入手する必要があります。
  
 
[http://geolite.maxmind.com/download/geoip/database/GeoLiteCity.dat.gz http://geolite.maxmind.com/download/geoip/database/GeoLiteCity.datに無料のGeoIPLiteバージョンがあります。 gz]。 GeoLiteCity.datファイルを抽出し、/moodledata/geoip/GeoLiteCity.datにアップロードします。
 
[http://geolite.maxmind.com/download/geoip/database/GeoLiteCity.dat.gz http://geolite.maxmind.com/download/geoip/database/GeoLiteCity.datに無料のGeoIPLiteバージョンがあります。 gz]。 GeoLiteCity.datファイルを抽出し、/moodledata/geoip/GeoLiteCity.datにアップロードします。

2020年6月25日 (木) 09:22時点における版

ロケーションの設定

管理者は、「管理>サイト管理>ロケーション>ロケーション設定」で次のロケーション設定を変更できます。

タイムゾーン設定

タイムゾーンは、ページをリクエストしているユーザーがデータベース内の生のタイムスタンプを人間が読める日付と時刻に変換するのに役立ちます。

デフォルトのタイムゾーン

これを使用して、サイトのデフォルトのタイムゾーンを設定します。これは、ほとんどのユーザーが使用するタイムゾーンにする必要があります。難しい場合は、可能な場合は、UTC設定を使用するのではなく、適切なエリア/ロケーションを選択してください。これらの[1]

注:Moodle 2.9以降、Moodle.orgからタイムゾーンコードを更新できるようにする古い設定とボタンは、標準のPHPの日付と時間コードに置き換えられました。 PHPのバージョンが6か月以上前のものである場合は、PECL timezonedbパッケージを使用してタイムゾーンデータを更新する必要があります。

タイムゾーンを強制する

特定のタイムゾーンが強制されている場合、ユーザーは自分の編集プロファイルページにタイムゾーンの名前を表示し、変更することはできません。個々のユーザーが自分のタイムゾーンを選択できるようにする場合は、これをデフォルトの「ユーザーが自分のタイムゾーンを選択できる」のままにします。

デフォルトの国

新しいユーザーアカウントページのフォームにデフォルトで表示される国を選択します。

デフォルトの都市

新しいユーザープロファイルのデフォルトの都市を入力します。これは空白のままにすることができます。

IPアドレス検索

GeoIP Cityデータファイル

GeoIP Cityバイナリデータファイルの場所です。これは、インターネットの訪問者に関する地理情報やその他の情報をリアルタイムで判断する非侵襲的な方法です。このファイルはMoodleディストリビューションの一部ではなく、MaxMindとは別に入手する必要があります。

http://geolite.maxmind.com/download/geoip/database/GeoLiteCity.datに無料のGeoIPLiteバージョンがあります。 gz。 GeoLiteCity.datファイルを抽出し、/moodledata/geoip/GeoLiteCity.datにアップロードします。

Moodle 3.2以降、MaxmindGeoLite2データベースを使用してIPv6アドレスを検索することはサポートされています(詳細here)。これにより、以前のバージョンで使用されていた既存のGeoLiteレガシーデータベースが置き換えられます。この機能を使用するには、新しいGeoIP2データベースをインストールする必要があります。データベースの入手方法については、maxmind.comページを参照してください。

あなたはMoodleでGeoIPデータファイルが利用可能かどうかを確認することができます:管理>サイト管理>ロケーション>ロケーション設定、IPアドレスルックアップ。

Google Maps APIキー

Google Maps for IPアドレスルックアップ可視化キー。 Google Maps APIを使用すると、JavaScriptでGoogleマップを埋め込むことができます。これは無料です。

注: Google Maps API V2は2010年以降廃止されているため、サポートされなくなりました。V3が使用されるようになりました。詳細についてはこちらをご覧ください:https://developers.google.com/maps/documentation/javascript/tutorial#api_key

このセクションの情報を更新した後、レポートなどにリンクとして表示されているIPをクリックすると、新しいウィンドウが開き、IPの場所を示すGoogleマップが表示されます。

すべての国コード

これは、ユーザーのプロファイルなど、さまざまな場所で選択できる国のリストです。空白(デフォルト)の場合、標準の英語の言語パックにあるcountries.phpのリストが使用されます。それ以外の場合は、ISO-3166-1形式の「GB、FR、ES」など、コードのカンマ区切りリストを指定できます。

国のリストは、ISO 3166の公式の国の短縮名のリストに基づいていますが、完全に同じではありません。詳細については、MDL-56181のコメントを参照してください。