リソース

提供: MoodleDocs
2021年3月19日 (金) 02:58時点におけるToshihiro KITA (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索

リソースは、ファイルやリンクなど、教師が学習をサポートするために使用できるアイテムです。 Moodleは、教師がコースに追加できるさまざまなリソースタイプをサポートしています。編集モードでは、教師は '活動またはリソースを追加する' リンクを介してリソースを追加できます。 リソースは、リソースのタイプを表すアイコンが前に付いた単一のリンクとして表示されます。

管理 > プラグイン > 活動モジュール > 共通設定 でサイト全体の設定を有効または無効にすることで、教師に各リソースの説明を追加するように強制するかどうかを決定できます。

  • ブック-本のような形式の複数ページのリソース。 教師は自分の本をIMSCPとしてエクスポートできます (管理者は教師のロールにIMSのエクスポートを許可する必要があります)
  • ファイル-画像、PDFドキュメント、スプレッドシート、サウンドファイル、ビデオファイル
  • フォルダ-ファイルの整理を支援するために、1つのフォルダに他のフォルダが含まれる場合があります
  • IMSコンテンツパッケージ-他のソースからの静的マテリアルを標準のIMSコンテンツパッケージ形式で追加します
  • ラベル-トピックセクションのリソースと活動を区切るために使用されるいくつかの表示された単語または画像、または長い説明または指示である可能性があります
  • ページ-教師が堅牢なHTMLエディタで作成した、スクロール可能な単一の画面が学生に表示されます
  • URL-Wikiペディアなど、Webブラウザでアクセスできる任意の場所に学生を送ることができます。

複数の言語でのリソースの管理

言語による制限可用性条件追加プラグインを使用すると、英語のリソースを英語のユーザにのみ表示し、フランス語の活動をフランス語を話す学生にのみ表示することが簡単になります。例については、このフォーラムスレッドを参照してください。

関連項目