「モバイル対応コースの作成」の版間の差分

移動先: 案内, 検索
(Moodleアプリを開くためのリンク)
 
23行目: 23行目:
 
{|
 
{|
 
| [[File:moodlemobile_short_text_intro.png | thumb |ラベルの短いテキスト]]
 
| [[File:moodlemobile_short_text_intro.png | thumb |ラベルの短いテキスト]]
| [[File:moodlemobile_sensitive_html.png | thumb |レスポンシブHTML]]
+
| [[File:moodlemobile_responsive_html.png | thumb |レスポンシブHTML]]
 
| [[File:moodlemobile_youtube_maps_links.png | thumb | Map link]]
 
| [[File:moodlemobile_youtube_maps_links.png | thumb | Map link]]
 
|}
 
|}

2020年6月29日 (月) 07:29時点における最新版

スマートフォン、タブレット、その他のモバイルデバイスからコースにアクセスする学生が増えるにつれ、コースをモバイル対応にすることの重要性が増しています。

学生に公式Moodleモバイルアプリのインストールを勧めることは、学習体験を向上させる1つの方法です。以下は、アプリの使用とモバイルデバイスからのMoodleへのアクセスの両方を行う学生のためにコース資料を最適化するためのいくつかの提案です。

コースのセットアップ

  • トピックまたは毎週のコース形式は、モバイルデバイスに最適です。トピック形式では、最初のセクションまたは強調表示されたセクションがデフォルトでアプリに表示されます。週形式で、現在の週が表示されます。
  • 孤立した活動や活動への直接リンクは使用しないでください(リンクは機能しますが、モバイルでは最適ではありません)。
  • サイトまたはコースのブロックはモバイルアプリに表示されないため、ブロックに重要な情報を入力しないでください。
  • モバイルとデスクトップでコースにアクセスする学生が混在している場合、アイテムをデスクトップまたはモバイルユーザーに制限するMoodle Mobile可用性プラグインのインストールを管理者に依頼することを検討してください。

コース内容

  • ページでレスポンシブHTMLを使用します。
  • 可能な場合は、ダウンロード可能なドキュメントの代わりにページリソースまたはブックを使用してください。
  • 多くのドキュメントをアップロードしたり、テキストの多いページを多数作成したりしないでください。短い「情報バイト」の観点から考えてください。
  • YouTube動画を含める場合は、短くして、フォルダでダウンロードしてオフラインで視聴できるようにすることを検討してください。すべてのビデオ形式がサポートされているわけではないため、別の形式で追加してください。 (MP4はおそらく最も広く受け入れられているフォーマットです。)
  • YouTubeまたはVimeoビデオの場合、Bootstrapレスポンシブクラスを使用できます:https://getbootstrap.com/docs/4.0/utilities/embed/、たとえば:
<div class="embed-responsive"><video...
  • ドラッグアンドドロップの質問は、アプリでは動作が異なることに注意してください。画像をドラッグすることはできません。タップして選択し、タップしてドロップする必要があります。
  • YouTubeビデオリンクまたはマップリンクをURLリソースとして追加すると、アプリで自動的に開きます。
ラベルの短いテキスト
レスポンシブHTML
Map link
  • モバイルアプリをサポートするプラグインのみを使用して、モバイルアプリからアクセスできるようにします-Moodleプラグインディレクトリ:アワード:モバイルアプリサポートをご覧ください。
  • コースに大きなオーディオファイルを含める場合は、ファイルリソースとしてではなく、ラベルまたはページに埋め込むことを検討してください。その理由は、画面がロックされていても埋め込みファイルは再生されますが、画面がロックされているとファイルは再生されないためです。

オフラインで使用するためのメディアのダウンロード

ビデオなどのメディアファイルをダウンロードできるようにするには

  • ファイルをリンクするのではなく、コースにアップロードする必要があります(YouTube、Vimeoなどから)
  • ファイルは小さい必要があります-3Gユーザーの場合は2MB未満、WiFiユーザーの場合は20MB未満

ビデオを含むページが(ビデオを再生せずに)表示されると、ファイルがダウンロードされます。

WiFi接続でMoodle Mobile 3.1以降を使用している場合、ビデオが再生されると、ファイルはバックグラウンドでダウンロードされます。次にビデオが再生されるとき、ダウンロードされたファイルが使用されます。

オフライン活動

サポートされているすべての活動はオフラインで動作しますが、一部はクイズモジュールなどの特定の設定を必要とします。詳細については、Moodleモバイルクイズオフライン試行を参照してください。

避けるべきこと

一部の活動はまだモバイルアプリで完全にはサポートされていないため、代替案を見つけてください。 SCORMパッケージで避けるべきことについては、Moodle Mobile SCORM playerを参照してください。

アプリがサポートする活動のリストは、Moodle Mobile featuresページにあります。

最新の安定版のMoodleを使用

Moodle Mobile featuresに示されているように、一部の機能は最近のMoodleバージョンでのみ利用できます。

最新の安定したバージョンを使用するか、サイトをアップグレードできない場合は、Moodle Mobile追加機能プラグインをインストールすることをお勧めします。

通知とメッセージ

学生にモバイル通知を有効にして、カレンダーの予定、フォーラムの投稿、メッセージ、課題の提出などについて通知されるようにします。詳細については、モバイルアプリの通知をご覧ください。

メッセージング設定のデフォルトのメッセージ出力を使用して、デフォルトですべてのユーザーのモバイル通知を有効にすることもできます。生徒はアプリ内でモバイル通知を無効にできます。

モバイルデバイスの考慮事項

アプリは実行中のデバイスでよりよく機能します

  • Android 4.4以降
  • iOs 6以降

古いデバイスでは、次のような問題が見つかることがあります。

  • ユーザーインターフェース
  • 接続の問題(特にhttps証明書を使用してサイトに接続する場合)
  • 遅さ

アプリの最初のバージョンは、Windows PhoneとWindows 7でサポートされていました。このバージョンはサポートされなくなり、Windowsストアから削除されました。その使用はお勧めしません。

Moodleアプリを開くためのリンク

必要に応じて、Moodleアプリを開くリンクをコースに提供できます(アプリがインストールされたモバイルデバイスを使用してサイトを閲覧するユーザー向け)。

リンクは
moodlemobile://https://username@domain.com?token=TOKEN&privatetoken=PRIVATETOKEN&redirect=http://domain.com/course/view.php?id=2
の形式です。
この種のリンクはMoodleアプリ3.7.0以降でのみサポートされていることに注意してください。アプリのバージョンが古い場合は、古い形式を使用する必要があります:
 moodlemobile://link=https://yourmoodlesite.org/mod/... 

この詳細については、Moodle アプリを別のアプリから開くをご覧ください。

詳細