「パターンマッチ問題タイプ」の版間の差分

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索
パターンマッチ問題タイプ
タイプ 問題タイプ
セット N/A
ダウンロード https://moodle.org/plugins/qtype_pmatch
イシュー https://github.com/moodleou/moodle-qtype_pmatch
ディスカッション https://moodle.org/mod/forum/view.php?id=737
メンテナー Tim Hunt
(ページの作成:「{{Infobox plugin |type = 問題タイプ |entry = https://moodle.org/plugins/qtype_pmatch |tracker = https://github.com/moodleou/moodle-qtype_pmatch |discussion = https:/...」)
 
 
25行目: 25行目:
  
 
* [[正規表現記述問題タイプ]] 追加プラグイン(順列を容易に考慮でき、空白の任意の組み合わせを受け入れることができる)。
 
* [[正規表現記述問題タイプ]] 追加プラグイン(順列を容易に考慮でき、空白の任意の組み合わせを受け入れることができる)。
* [[作文 (自動評定) 問題タイプ]] 追加プラグイン
+
* [[作文 (自動採点) 問題タイプ]] 追加プラグイン
 
* [[Preg問題タイプ]] 追加プラグイン (Moodleブランチ2.3から3.1のみ対応)
 
* [[Preg問題タイプ]] 追加プラグイン (Moodleブランチ2.3から3.1のみ対応)
  

2021年7月16日 (金) 08:00時点における最新版


パターンマッチ問題では、学生は約20語までの解答をすることができます。学生の回答をPMatch構文で表現されたいくつかの異なるパターンと照合することで、自動的に評定することができます。最初にマッチしたパターンが、スコアとフィードバックを決定します。

pmatch.png

これは、Open Universityが作成、管理している問題タイプです。

注意: この問題タイプでは、decimal separatorが終止符であることを想定しています。小数点以下のコンマを使用しようとすると、動作しません。

より多くのドキュメント

詳細ドキュメントが利用可能 オープン大学のリファレンスマニュアル。 これには、pmatch構文の説明が含まれます。OU PMatchアルゴリズムを説明する別のページがありますが、それは開発が始まる前に書かれたものであり、最終的に実装されたものの100%正確な説明ではない可能性があります。

関連項目