バルクユーザ処理

2009年3月4日 (水) 20:36時点におけるMitsuhiro Yoshida (トーク | 投稿記録)による版 (バルクユーザ処理)

移動先: 案内, 検索

Moodle 1.9


作成中です - Mitsuhiro Yoshida 2009年3月3日 (火) 10:48 (CST)

ロケーション: サイト管理 > ユーザ > アカウント > バルクユーザ処理

バルクユーザ処理

この機能では、フィルタを作成してユーザを選択することで、管理者が以下の処理を実行することができます:

  • アカウントの登録承認
  • ユーザアカウントの削除
  • メッセージの送信
  • ユーザ一覧の表示
  • ODSまたはExcelファイルフォーマットによるユーザテキストデータのダウンロード

バルクユーザ処理

バルクユーザ処理を実行するには:

  1. フィルタを作成します。ユーザは、姓、名、メールアドレス、都道府県、国、確認済み、コースロール、グローバルロール、最終アクセス、最終ログイン、ユーザ名、認証オプションによりフィルタすることができます。
  2. リストからユーザを選択します。
  3. ドロップダウンメニューから処理を選択します。
  4. Goボタンをクリックします。

関連情報