「バルクユーザ処理」の版間の差分

移動先: 案内, 検索
(バルクユーザ処理)
18行目: 18行目:
 
バルクユーザ処理を実行するには:
 
バルクユーザ処理を実行するには:
  
#Create a filter. Users can be filtered according to full name, surname, first name, email address, city/town, country, confirm, course role, global role, first access, last access, last login, username, authentication.
+
#フィルタを作成します。ユーザは、姓、名、メールアドレス、都道府県、国、確認済み、コースロール、グローバルロール、最終アクセス、最終ログイン、ユーザ名、認証オプションによりフィルタすることができます。
#Select users from the list.
+
#リストからユーザを選択します。
#Choose an action from the dropdown menu.
+
#ドロップダウンメニューから処理を選択します。
#Click the Go button.
+
#Goボタンをクリックします。
  
 
==関連情報==
 
==関連情報==

2009年3月4日 (水) 20:36時点における版

Moodle 1.9


作成中です - Mitsuhiro Yoshida 2009年3月3日 (火) 10:48 (CST)

ロケーション: サイト管理 > ユーザ > アカウント > バルクユーザ処理

バルクユーザ処理

この機能では、フィルタを作成してユーザを選択することで、管理者が以下の処理を実行することができます:

  • アカウントの登録承認
  • ユーザアカウントの削除
  • メッセージの送信
  • ユーザ一覧の表示
  • ODSまたはExcelファイルフォーマットによるユーザテキストデータのダウンロード

バルクユーザ処理

バルクユーザ処理を実行するには:

  1. フィルタを作成します。ユーザは、姓、名、メールアドレス、都道府県、国、確認済み、コースロール、グローバルロール、最終アクセス、最終ログイン、ユーザ名、認証オプションによりフィルタすることができます。
  2. リストからユーザを選択します。
  3. ドロップダウンメニューから処理を選択します。
  4. Goボタンをクリックします。

関連情報