「バルクユーザ処理」の版間の差分

移動先: 案内, 検索
8行目: 8行目:
 
この機能では、フィルタを作成してユーザを選択することで、管理者が以下の処理を実行することができます:
 
この機能では、フィルタを作成してユーザを選択することで、管理者が以下の処理を実行することができます:
  
* Confirm user accounts
+
* アカウントの登録承認
* Delete user accounts
+
* ユーザアカウントの削除
* Send a message
+
* メッセージの送信
* Display a list of users on a page
+
* ユーザ一覧の表示
* Download user data in text, ODS or Excel file format
+
* ODSまたはExcelファイルフォーマットによるユーザテキストデータのダウンロード
  
 
==バルクユーザ処理==
 
==バルクユーザ処理==
  
To perform a bulk user action:
+
バルクユーザ処理を実行するには:
  
 
#Create a filter. Users can be filtered according to full name, surname, first name, email address, city/town, country, confirm, course role, global role, first access, last access, last login, username, authentication.
 
#Create a filter. Users can be filtered according to full name, surname, first name, email address, city/town, country, confirm, course role, global role, first access, last access, last login, username, authentication.

2009年3月4日 (水) 20:24時点における版

Moodle 1.9


作成中です - Mitsuhiro Yoshida 2009年3月3日 (火) 10:48 (CST)

ロケーション: サイト管理 > ユーザ > アカウント > バルクユーザ処理

バルクユーザ処理

この機能では、フィルタを作成してユーザを選択することで、管理者が以下の処理を実行することができます:

  • アカウントの登録承認
  • ユーザアカウントの削除
  • メッセージの送信
  • ユーザ一覧の表示
  • ODSまたはExcelファイルフォーマットによるユーザテキストデータのダウンロード

バルクユーザ処理

バルクユーザ処理を実行するには:

  1. Create a filter. Users can be filtered according to full name, surname, first name, email address, city/town, country, confirm, course role, global role, first access, last access, last login, username, authentication.
  2. Select users from the list.
  3. Choose an action from the dropdown menu.
  4. Click the Go button.

関連情報