ノート

提供: MoodleDocs
2021年3月26日 (金) 06:55時点におけるToshihiro KITA (トーク | 投稿記録)による版 (→‎ヒントとコツ)
(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先:案内検索

メモ機能は、別のユーザーがユーザーに関する情報を添付する方法です。たとえば、教師は、特定の生徒に、その生徒が興味を持っているように見える趣味や興味についてのメモを添付する場合があります。  

ノートへのアクセス

ユーザがこの機能を使用するには、ノートを表示するおよびノートを管理するのパーミッションが必要です。したがって、学生はコース内のメモを表示したり、管理したりすることができます。

ノートページは、「サイトページ」>「ノート」および/または「コース」>「コース名」>「参加者」>「「Moodleユーザー」」>「ノート」を介してナビゲーションブロックからアクセスできます-アクセス権に応じてノーツが設定されているコンテキスト。教師は、デフォルトでは Site pages> Notes からノートページにアクセスできません。

管理者とマネージャは、「ナビゲーション」>「マイプロファイル」>「ノート」からサイトノートにアクセスできますが、コースに登録されていない限り何も表示されません。その場合、コースへのリンクが表示され、そこに移動してサイトノートを追加できます。

メモのコンテキスト

Noteのコンテキストは、どのユーザーが日常の使用でNoteを表示できるかを決定します。 ユーザーは、個人ノートを含むすべてのカテゴリーのノートが、データ保護法の要求、裁判所または令状からのディスカバリー命令などの管轄区域の法律に基づいて開示される可能性があることに注意する必要があります。ノートを作成または編集するときのオプションの下。

  • 個人用-メモはあなただけに表示されます(メモの作成者として)
  • コース-メモは、このコースの他のマネージャーや教師(またはこのコースでnotes:view機能を持つすべてのユーザー)に表示されます
  • サイト-ノートは、コース内で表示するときに、すべてのコースの他のマネージャおよび教師(またはコースでnotes:view機能を持つユーザー)に表示されます

ノートのデータエクスポート

ユーザーがサブジェクトアクセスリクエスト(SAR)を行うと、次のデータがデータエクスポートに含まれます。

  • ユーザーが書き込んだすべてのメモ(メモのコンテキストや公開ステータスに関係なく)
  • 公開されているサイトコンテキスト内のユーザーについて書かれたメモのみ、つまり別のユーザーが書いたプライベートなメモは含まれません

ヒントとコツ

  • 「サイト管理> 拡張機能」の「ノートを有効にする」チェックボックスをオフにすると、ノートが無効になる場合があります。
  • 管理者、マネージャ、または教師は、ノート機能を使用してユーザに関するプライベートのティーチングノートを作成している可能性があり、このユーザのパーミッション(またはロールタイプ)を変更すると、この情報へのアクセス権が付与されます
  • この機能が[許可]に設定されているユーザーは、別のユーザーのノートを編集および削除できます
  • ユーザは、自分のロールが割り当てられている同じコンテキスト(サイト、コース、個人/ユーザなど)内で作成されたメモのみを表示できます。
    • 例1:サイトコンテキストに設定されたメモは、サイトレベルのサイト管理者([サイトページ]> [メモ])または自分のコース内にいる教師が表示できます。
    • 例2:コースコンテキストに設定されたノートは、サイト管理者が作成されたコースにいる場合にのみ表示できます。
    • 例3:教師はコースコンテキストノートのみを表示できます。コース内で表示すると、教師と学生/ユーザの両方が関連付けられます
  • メモの作成者がユーザのプロファイルを表示および編集するアクセス権と、ノートを表示するおよびノートを管理する

こちらもご覧ください