IMSコンテンツパッケージの設定

移動先: 案内, 検索

IMSコンテンツパッケージをコースに追加する

  • 「活動またはリソースの追加」リンク(または、存在しない場合は、「リソースの追加」ドロップダウンメニュー)から選択して、IMSコンテンツパッケージをコースに追加できます。すべての設定は、「右上の「すべて展開」リンク。

一般

デフォルトで展開された一般設定

名称

ここに入力する内容は何でも、学習者がクリックしてIMSコンテンツパッケージを表示するリンクを形成するため、その目的を示唆する名前を付けると役立ちます。

説明

ここにパッケージの説明を追加します。 (これは、管理者の設定によっては必要な場合と必要でない場合があります。)[編集ツールの表示]をクリックしてリッチテキストエディタを表示し、テキストボックスの右下をドラッグして展開します。

コースページに説明を表示する

このボックスがチェックされている場合、説明はコース名のパッケージ名のすぐ下に表示されます。

内容

[コンテンツ]セクションで、IMSコンテンツパッケージを矢印の付いたボックス( 下図1 )にドラッグアンドドロップするか、[ファイルを選択]ボタンをクリックしてファイルピッカでIMSコンテンツパッケージを見つけて追加します( 下図2

newims.png

「パッケージをアーカイブする」とは、保持するこのパッケージの以前のバージョンの数を指します。

モジュール共通設定

モジュール共通設定を参照してください

利用制限/活動完了

(これらの設定はデフォルトで折りたたまれています)

これらの設定は、サイトとコースで条件付き活動活動完了が有効になっている場合に表示されます。

IMSコンテンツパッケージ機能

サイト管理設定

IMSコンテンツパッケージモジュールには、「設定>サイト管理>プラグイン>活動モジュール> IMSコンテンツパッケージ」で管理者が変更できる追加設定があります。

活動説明を必須とする

この設定により、ユーザが説明ボックスに何かを入力する必要をなくすことができます。