GmailでのEメール設定

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索

GoogleのメールサーバはMoodleのSMTPサーバとして設定することができますが、多くの場合、本番システムには適さないかもしれません (下記の最初の見出しをご覧ください)。

Googleメールはあなたの要件に適していますか?

GmailをSMTPサーバとして動作させるために時間を費やす前に、以下の2点を注意深く読み、制限事項を理解してください。また、より適切な解決策を提案する こちらのフォーラムの投稿 も読む価値があります。

Googleメールにはいくつかの制限があり、多くのMoodleのインストールに適していません。続行する前に、次の2点を確認してください。

  1. 複数の "From" アドレスに対応していません。 電子メールを送信する場合、Moodleはメッセージを書いているユーザの電子メールアドレスから送信しようとします。これにより、受信者は電子メールで送信者に直接返信することができます。Googleは、GmailとApps for Educationの両方でこれを許可していません。- したがって、システムから送信されるメールはすべて、SMTPサーバで認証するために使用するアカウントから送信されます。さらに分かりやすくするために、名前は受信者になりますが、メールアドレスはSMTPアカウントのメールアドレスになります、例えば: "Dr Fred Bloggs" <moodlemail@mycollege.edu>のようになります。もし、あなたがGmailのSMTPを関係なく使用したい場合、その目的のために専用のアカウントを使用し、そのアドレスへのメッセージがメール内のリンクをクリックし、Moodleを通して返信するよう指示されて戻ってくるように自動応答させることをお勧めします。
  2. 1日の送信メッセージ数は500通までです。 1つのgoogleアカウントに対して、1日あたり 500件の個別メールメッセージ、またはすべてのメールにわたる2000人の受信者 の制限があります。定期的にこれを超えると、アカウントがブロックされる可能性があります。500人以上のユーザがいる場合、この制限を超えるには、フロントページのニュースフォーラムへの1つのメッセージだけで済みます。

GmailのSMTPとMoodle

GmailのSMTPサーバを利用するのは、非常に簡単な手順です。まず、以下の場所に移動してください。

場所: 設定 > サイト管理 > サーバ > メール > 送信メールの設定

SMTPサーバを機能させるために、4つの値だけを設定する必要があります:

SMTP hosts: smtp.gmail.com:465 注意: 1.9.2 以下ではポート (:465) を省いてください

SMTP security: SSL

SMTP username: メールアドレス @gmail.com または Google Apps をお使いの場合は独自のドメイン

SMTP password: 上記メールアカウントのパスワード

Gmailから「外部のアプリケーションがアカウントにアクセスしようとしている」というメールが届くことがありますが、実際にはGoogleが は、このログイン処理を成功させないようにします。

これを防ぐには、gmail.comのアカウントにログインしてから、次のサイトにアクセスしてください: https://accounts.google.com/DisplayUnlockCaptcha

そして、次のようなメッセージが表示されます。

Sign in using the application you want to authorize access to your account within the next ten minutes.
Google will remember the application after it signs in, and will allow it to access your account in the future
as long as it uses the correct password.

この後、GoogleのSMTPサーバを経由してメールを送信することができるようになります。

関連項目