実験設定

提供: MoodleDocs
移動先:案内検索

管理者は、サイト管理の実験用設定ページから特定の実験的機能を有効にできます。

実験的機能は、追加のテストとバグ修正が必要な機能として定義されています。

  • コンテクスト凍結-これにより、管理者またはケイパビリティmoodle/site:managecontextlocksを持つユーザは、カテゴリ、ブロック、コース、またはコースコンテンツを '読み取り専用' にすることができます。
  • Safe Exam Browserインテグレーションを有効にする
  • SassCのパス-この設定により、管理者はSASSのコンパイルに使用されるバイナリファイルへのパスを指定できます。このフィールドが設定されている(かつ有効である)場合、提供されたコンパイラは、MoodleのビルトインPHPコンパイラの代わりにSASSコードをコンパイルします。これにより、SASSのコンパイルプロセスが大幅に高速化されます。 (詳細については、MDL-61394を参照してください)
  • テキストおよびリンクのドラッグ&ドロップアップロード(詳細についてはMDL-22504を参照)
  • コースの相対的な日付を有効にして、コース内のユーザの開始日に相対的な日付を表示するようにコースを設定できるようにする(3.8の新機能)